下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)は、下部消化管に分類されている大腸もしくは小腸の内部を小型カメラによって観察する検査方法です。主に大腸に病変が起きる疾患の診断に用いられています。

下部消化管内視鏡検査では病変の大きさや形状だけではなく、色や表面の粘膜や毛細血管の様子を詳しく観察することで疾患の進行度を調べることができます。もしポリープなどの病変が見つかった場合には、カメラより専用の器具を挿入し、病変を観察しながら切除手術を行うこともあります。また、腸炎などの精査時には、細菌の繁殖状況を調べるために、腸管内の腸液や粘膜組織を採取することもあります。

検査の方法

通常、下部消化管内視鏡検査では肛門から小型カメラを挿入します。また、腸内を調べることになりますので、検査当日は検査終了まで飲食をすることはできません。検査前には下剤を飲み、便を排出することで腸内をきれいな状態にします。カメラの挿入時には苦痛を感じることもありますが、鎮静剤や腸の緊張状態をやわらげる注射によって、負担を軽減することができます。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・消化器内科では経験豊富な内視鏡学会専門医が下部消化管内視鏡検査を担当しております。消化器の異常を感じている方、ご自分の消化器の状態を調べておきたい方は、どうぞお気軽にご来院ください。