入院について

当院は長期療養のための医療療養型病院として、患者さまに安心して快適にお過ごしいただけるように、【我が家】にいるような心のこもった対応に努めています。

患者さまそれぞれの症状に合わせて、医師・看護師・管理栄養士をはじめスタッフ一同、質の高い看護サービスでサポートしてまいります。

入院について 画像01
入院について 画像02

面会時間

月~金曜日土曜日・日祭日
14:00~20:0014:00~18:00

院長の想い

湘南メディカル記念病院 加藤 貴志理事長•院長

湘南メディカル記念病院
加藤 貴志理事長•院長

日本外科学会専門医。医学博士。総合診療医。

総合診療医認定証

慢性期医療とは

現在日本の医療環境はめざましく進歩し、高度な医療が施されるようになりました。その結果多くの病やケガを治療できるようになりましたが、反面回復に非常に長い時間を要する状況の方が増えてきました。つまり急性期治療を終えた後も継続的な医学的管理が必要な状況であります。したがってこのような方々は自宅や施設にお戻りになることが困難であり、急性期病院から慢性期病院へ転院が検討されることになります。

慢性期医療とは病気やケガの治療自体は終了しておりますので、身体の状態の安定や維持を目的としています。慌ただしい検査や治療は基本的にはなく、穏やかでQOLを重視した医療・看護ケアが中心となります。もちろん長い入院生活では様々な状態の変化があり得ます。そのような時には必要な検査や治療を適宜行います。

慢性期医療なくして急性期医療なし

患者様を治療する時、医師をはじめとして医療者はその方が抱えている病気や行われる治療から今後どうなっていくかが分かります。そして急性期医療には期限があります。したがって後方に慢性期病院が存在しているからこそ、しっかりとした急性期医療が可能なのです。そして高齢化が加速していく中、ますます慢性期医療の重要性が増しているのです。

人生のラストステージをどう過ごすか

慢性期病院である当院では、医療・看護ケアを受けながら最期までお過ごしになる方も少なくありません。人生のラストステージをどのように過ごされるか、私たちスタッフ一同は患者様・家族様に寄り添った医療を心掛けています。そして「この病院で良かったです」、頂くその言葉を胸に日々医療を行っております。

当院の特徴
  • 担当医師は「認定総合診療医」で様々な疾患に対応可能です
  • 誤嚥性肺炎予防のため口腔ケアに力を入れています
    定期的に歯科往診もあります
  • 希望に応じて経口摂取を検討します
  • 療養病棟は暗いイメージがありますが、当院病棟は明るく清潔です

当院の入院について