消化器内科の施術・症例一覧

消化器内科の施術・症例一覧 画像01

消化管および肝臓・胆道・膵臓の消化器疾患全般の診断・治療は、墨田区両国の湘南メディカル記念病院・消化器内科までご相談ください。
当院では一貫した診断・診療と、“苦痛を抑えた内視鏡検査”を実施しております。即日検査も空き次第で対応可能。その他、血液検査により消化器系がんの検査も行っています。

診療時間のご案内

診療時間
9:00~12:45休診日休診日休診日
14:30~17:30休診日休診日休診日休診日

※第1、第3土曜日は午前中のみ診療を行なっております。

当院の消化器内科の特長

痛みを抑えた検査

当院の消化器内科の特長 画像01

痛みを抑えた検査

当院の消化器内科で行う内視鏡検査は、経験豊富な医師が診断から診察までを一貫対応します。
痛みを抑えた“鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)”にも対応。 ご負担の少ない検査が可能となっておりますので、内視鏡検査に不安を感じている方もお気軽にご相談ください。

都合に合わせて受けられる即日検査

当院の消化器内科の特長 画像02

都合に合わせて受けられる即日検査

検査スケジュールの空き次第では、腹部超音波、CT、内視鏡検査(胃カメラや大腸カメラ)の即日対応ができます。 ご希望の場合は、朝ご飯を食べずにご来院ください。 検査だけでなく、即日ポリープ切除手術も可能。お仕事でお忙しい方や、急な異変を感じた方はぜひご利用ください。 検査のご予約は、電話やインターネットからお問い合わせいただけます。

血液検査による消化器系がんの検査導入

当院の消化器内科の特長 画像03

血液検査による消化器系がんの検査導入

早期発見を目指した検査・診断を行うために、当院の消化器内科では血液検査に「マイクロアレイ検査」を導入しています。 一般的に発見が難しいとされる「すい臓がん」や「たん道がん」などの消化器系がんを、9割という高い感度で見つけられるの特長です。 なお、こちらの検査は自由診療となります。ご希望の方は、お気軽にお申し出ください。

症状別に見る消化器疾患

消化器疾患の早期発見は、症状を覚えたタイミングで病院での診察を受けるのが重要です。 以下のような症状が現れた場合、消化器疾患の可能性が疑われます。できるだけ早く、当院の消化器内科まで足をお運びください。

数日前より、嘔気、嘔吐、腹痛、下痢がある

みぞおちがきりきり痛む 胸焼け 朝方ののどの違和感 口の中が苦い ゲップが多い

食後に胃が痛む 食事を食べるとすぐにおなかがいっぱいになる おなかが張る

食事に関係なくずっと胃がいたい 黒っぽい便がでる 貧血症状(ふらつき)がある 吐血した

おなかがはる 下痢と便秘を繰り返す  緊張すると下痢(または便秘)になる

いつも下痢っぽい 下腹部が時々痛くなる 時に血便がある

おなかが痛む 熱っぽい 歩くとおなかに響く

だるい 目が黄色い(黄疸) 熱っぽい 食欲がない 便が白い

そのほか診療している主な消化器疾患一覧

消化管

食道静脈瘤、食道癌、食道裂肛ヘルニア、胃癌、慢性胃炎、胃潰瘍、胃アニサキス症、胃粘膜下腫瘍、機能性胃腸症、ピロリ感染症、十二指腸潰瘍、十二指腸粘膜した腫瘍、胃腸炎、過敏性腸症候群、大腸癌、大腸憩室症、大腸憩室炎、虫垂炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、便秘症、慢性下痢症、痔

肝臓

肝機能障害、脂肪肝、急性肝炎、肝血管腫、肝腫瘍、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、肝硬変

胆道、膵臓

総胆管結石、胆嚢結石、胆のう炎、胆嚢ポリープ、膵管内乳頭粘液腫瘍、すい臓癌、胆嚢癌、胆管癌

加藤 貴志理事長・院長のご紹介

加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)

日本外科学会専門医 総合診療認定医
医学博士
加藤 貴志

皆様、はじめまして。加藤貴志と申します。

私は約20年にわたり外科全般(甲状腺、乳腺、食道疾患、胃・大腸疾患、肝胆膵疾患、血管疾患、内視鏡外科)および救急、麻酔業務に従事してまいりました。また、医療過疎地域における診療所長としても勤務させて頂いた経験もございました。
専門領域は食道疾患でありましたが、俗に言う「なんでも屋」と言っても良いかもしれません。したがって、あらゆる疾患に対応するスキルには自信をもっております。

私がこれまで医師として働いてくることが出来たのは、患者様が肉体的・精神的にお元気になられて、その喜びを共有させて頂くことこそが最大の生きがいであったからです。

皆様が豊かな人生を送られますよう、私も全力でお手伝いさせて頂きます。
なんでもお気軽にご相談ください!