片頭痛の症状

頭痛の中でも一般的なタイプであり、悩まされている方が多い片頭痛。具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。今回は代表的な片頭痛の症状や前兆をご紹介します。

こんな症状が現れたら片頭痛かも?

片頭痛の主な症状についてご紹介します。以下のような症状が現れたら片頭痛の可能性を疑ってください。

痛み方

痛み方

「ズキズキ」「ガンガン」といった痛みが、脈拍の間隔に伴って訪れます。一度痛み出すと4時間から72時間ほど続くのが通常です。

痛む部位

痛む部位

多くの場合、頭の片側が痛みます。両側が痛むこともあります。症状が強くなった場合、頭の全体が痛むことも少なくありません。

痛みの頻度

痛みの頻度

痛みがやってくる頻度には個人差があります。少ない方は月に1,2回程度、多い方は週に1,2回程度繰り返して起こるようです。

症状が強くなると……

片頭痛は痛みの発生から1,2時間程度でピークを迎えます。症状が強い場合、頭痛だけにとどまらず、吐き気や嘔吐をしてしまうことも珍しくありません。また、少しの音や光、臭いが気になり、ストレスになってしまうこともあるようです。

片頭痛の前兆

人によっては片頭痛の症状が現れる前に特定の前兆を感じることがあります。一般的な片頭痛の前兆は以下のようなものです。

フラッシュのような光・閃輝暗点

フラッシュのような光・閃輝暗点

片頭痛が起こる前に、視界の中に小さな光の点が現れることがあります。最初は小さかった光の点は次第に大きくなっていき、周りがギザギザとした大きな光になっていきます。また、フラッシュのように点滅を繰り返すこともあるようです。場合によっては視界がこの光によって著しく妨げられ、一部が全く見えなくなってしまうこともあります。これは「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる片頭痛の前兆であり、15~20分ほど続いた後に片頭痛がやってきます。

むくみ・肩こり・あくび

むくみ・肩こり・あくび

むくみ・肩こり・何度も繰り返す生あくびも片頭痛の前兆といわれています。これらはすべて、血管の収縮や拡張によって引き起こされるものです。

片頭痛が起こる生活から解放されるために

上述したような片頭痛の症状が出ているなら、一度病院で相談されることをおすすめします。病院で処方される治療薬を使用し、医師から指導されたアドバイスに沿って生活習慣を改めることで、片頭痛のストレスを軽減していくことができます。
両国駅から徒歩0分の湘南メディカル記念病院では患者様の片頭痛に関する相談をいつでもお待ちしております。墨田区で片頭痛を思われる症状が続いている方は、当院の内科へとお気軽にご相談ください。

担当医紹介

加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)

片頭痛の症状 加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)

経歴

1998年自治医科大学卒業
国立仙台病院(現、仙台医療センター)勤務
2005年七ヶ宿町国民健康保険診療所所長
2006年公立佐沼病院外科医長、地域医療連携室室長
2007年東北大学病院移植・再建・内視鏡外科(食道・胸腔鏡グループ)
2012年岩手県立中央病院消化器外科医長(腹腔鏡グループ)
2014年登米市立登米市民病院第二外科長、化学療法室長
2016年愛恵会湘南メディカル記念病院理事長

備考

医学博士 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会 日本内視鏡外科学会 日本臨床外科学会 日本再生医療学会 日本抗加齢医学会 総合診療認定医