「今すぐ片頭痛を和らげたい……」という時に おすすめのツボマッサージ

たまたま治療薬を切らしているタイミングで片頭痛がやってきてしまった……という経験はないでしょうか。ただただ片頭痛に耐えるしかないのは辛いものです。万が一のために、薬や道具なしでもできる片頭痛への対処方法を知っておきたいところですね。そこで今回は、とっさのタイミングですぐにできる片頭痛への対処法として、片頭痛に有効ないくつかの「ツボ」をご紹介します。

頭のツボ

頭のツボは痛みが発生している部位に近いため、ダイレクトな効果が期待できるでしょう。片頭痛が出たときは以下のようなツボを刺激してみてください。

攅竹(さんちく)

攅竹(さんちく)

片頭痛で目に痛みを感じる、目が疲労しているという場合は、眉間にある攅竹(さんちく)というツボをつまむように刺激してください。ゆっくりとマッサージするように刺激すると効果的です。

百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)

ちょうど頭の頂上あたりに位置する「百会(ひゃくえ)」というツボは、刺激することで片頭痛を和らげられるツボとして有名です。下に向かって垂直に、心地よい程度の力で押してみましょう。3~5分ほど呼吸に合わせて押し続けていると、効果が現れてくるといわれています。

手のツボ

手にも片頭痛に効果的とされるツボがいくつか存在します。片頭痛が出たときは、以下のツボを試してみてください。

片頭点(へんとうてん)

片頭点(へんとうてん)

薬指の第二関節あたりには「ズキズキ」とした痛みに効果がある「片頭点(へんとうてん)」があります。人差し指、親指でつまむようにして刺激を加えましょう。

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が交差するあたりには「合谷(ごうこく)」というツボがあります。こちらは、体全体の痛みを和らげる働きがあるほか、肩こり解消のツボとしても知られています。心地よさを感じられる程度の力で、3秒程度の圧力を数分繰り返してください。

足のツボ

意外に思われるかもしれませんが、足にも片頭痛に効くツボがあります。足のマッサージがてら押してみるといいかもしれません。

通谷(つうこく)

通谷(つうこく)

小指の側面にある関節の手前には、「通谷(つうこく)」というツボがあります。後頭部の痛みに効果ありとされるツボなので、頭の後ろに痛みを感じる場合は試してみましょう。

ツボマッサージと治療薬を併用して片頭痛を可能な限り撃退

ツボマッサージは薬がないときに片頭痛に対処できる方法ですが、やはり治療薬を切らさないようにしておいたほうが安心でしょう。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・内科では、片頭痛にお悩みの患者様からのご相談をお待ちしております。当院で処方される治療薬と上述したようなツボマッサージで、片頭痛を可能な限り抑えましょう。

担当医紹介

加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)

今すぐ片頭痛を和らげたい方へ 加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)

経歴

1998年自治医科大学卒業
国立仙台病院(現、仙台医療センター)勤務
2005年七ヶ宿町国民健康保険診療所所長
2006年公立佐沼病院外科医長、地域医療連携室室長
2007年東北大学病院移植・再建・内視鏡外科(食道・胸腔鏡グループ)
2012年岩手県立中央病院消化器外科医長(腹腔鏡グループ)
2014年登米市立登米市民病院第二外科長、化学療法室長
2016年愛恵会湘南メディカル記念病院理事長

備考

医学博士 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会 日本内視鏡外科学会 日本臨床外科学会 日本再生医療学会 日本抗加齢医学会 総合診療認定医