高脂血症の症状

高脂血症では、目立った自覚症状が現れないケースがほとんどです。しかし、症状が進行すると、重大な疾患へと発展することもあります。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・内科が、高脂血症の症状や重症化したときに起こり得る他の深刻な病気についてお話しします。

検査で始めて気づくケースがほとんど

高脂血症となっても、特に目立った症状が現れることはありません。多くの患者様は健康診断などで数値を確認して、はじめて高脂血症だと気づきます。また、症状がないことから、高脂血症と気づいた後も多くの患者様は特に治療を受けません。

リスクがない疾患のように思われるかもしれませんが、この「症状がない」という事実こそが、高脂血症の最も警戒すべきポイントです。知らず知らずのうちに重症化した高脂血症は、多くの深刻な病気を引き起こします。

家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症

目立った症状のない高脂血症ですが、遺伝を原因とする「家族性高コレステロール血症」は例外として特定の症状が現れます。手足の皮膚上に盛り上がってくる脂肪のかたまりや、黒目のふちに現れる白い色素の沈着は、家族性高コレステロール血症の症状例です。

高脂血症で引き起こされる深刻な病気

上述したとおり、高脂血症で警戒すべきは高脂血症の症状そのものよりも、重症化した場合に起こり得る病気です。高脂血症によって起こる深刻な病気や疾患の中から、特に警戒すべきものを以下にご紹介します。

動脈硬化

動脈硬化

高脂血症によって増えた血中の悪玉コレステロールは結果へと取り込まれます。コレステロールが取り込まれた部分は熱くなり、血小板が集まることで更に血流を悪くしてしまいます。これが様々な病気につながる動脈硬化の状態です。

脳梗塞

脳梗塞

動脈硬化が脳の血管で起きてしまうと、血管が詰まることで脳梗塞が起きる可能性があります。最悪の場合、脳に運動障害や感覚障害が残ってしまいかねません。

心筋梗塞

心筋梗塞

心臓近くの狭い血管に動脈硬化が生じると血流が止まり、心筋梗塞が起きます。早急に対応しなければ一生残る体の障害が起きてしまう可能性があります。

脳卒中

脳卒中

動脈硬化による脳血管の血栓は、脳卒中の原因ともなります。高脂血症による動脈硬化からの脳卒中を起こし、機能障害を追った方は少なくありません。

症状がないからといって油断は禁物

健康診断で高コレステロールが検出されても、症状がないことを理由に放置する方が後を絶ちません。高脂血症は自体は無症状ですが、重症化するとその先には深刻な病気が待ち受けています。決して油断せずに、治療しておくようにしましょう。治療の際は、墨田区両国の湘南メディカル記念病院・内科ご相談ください。

担当医紹介

加藤 貴志 理事長・院長(かとう たかし/Takashi Kato)

咳(せき)の検査・診断 担当医 加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)

経歴

1998年自治医科大学卒業
2007年東北大学大学院医学博士課程修了、東北大学病院移植・再建・内視鏡外科 他
2016年〜現職

備考

医学博士 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会 日本内視鏡外科学会 日本臨床外科学会 日本再生医療学会 日本抗加齢医学会 総合診療認定医