口内炎|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

口内炎

口内炎は口の中に出来る炎症の総称です。一口に口内炎といっても、いろいろな種類があります。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が種類ごとの口内炎の症状についてお話します。

いろいろな口内炎

口内炎にはいろいろな種類があり、症状も違います。以下に口内炎の種類とそれぞれの症状についてご紹介しますので、口の中に炎症が出来ている方は自身の口内炎がどのタイプなのかチェックしましょう。

アフタ性口内炎
アフタ性口内炎は、非常に一般的な口内炎の症状です。口の中に、白、もしくは黄色の膜で出来た「アフタ」と呼ばれ病変が複数発生します。痛みや、食事の際のしみる感覚が主な症状です。放置しても治っていきますが、繰り返し発生する再発性のアフタ性口内炎もあります。
カタル性口内炎
カタル性口内炎では、炎症による強い痛み、腫れが現れます。炎症によって口臭が発生することもあります。人によっては口に含む食べ物による刺激から、食事が困難になってしまう場合もあるようです。
ヘルペス性口内炎
ヘルペスウイルスが口内に侵入して発症するのが、ヘルペス性の口内炎です。他の、ヘルペスと同様、複数の水ぶくれが病変として現れます。水ぶくれによる激しい痛みが特徴ですが、他にも発熱などの全体症状が現れる場合もあります。口内だけではなく、舌や唇、歯茎に広がっていくこともすくなくありません。
ニコチン性口内炎
日常的に喫煙を繰り返している方は、ニコチンが原因で口内炎を発症することがあります。ニコチン性口内炎は、粘膜上に赤く硬い病変が出来上がりますが、痛みがないケースが多いです。食べ物などで刺激を与えると、しみる感覚を覚えることがありあす。
カンジタ性口内炎
カンジタは感染症を引き起こす真菌(カビ)の一種です。カンジタが口内に感染し、炎症を起こす例があります。痛みはほとんどなく、粘膜の上に白い苔のような病変が現れるのが特徴です。

一般的な口内炎治療

皮膚科で行われている口内炎の治療としては、投薬治療、高周波治療、レーザー治療が一般的です。それぞれについて以下でご説明します。

投薬治療
口内炎の治療薬として使用されるのは、炎症を抑制とするステロイドの塗り薬が中心です。ウイルスが口内炎となっている場合、ウイルスに合わせて抗ウイルス薬が処方される場合があります。
高周波治療
高周波の電流を用い、患部を消毒・消炎する治療を行う場合があります。高い消炎効果から、治療後にすぐ痛みがなくなることが多いようです。また、殺菌により自然治癒力が高まる効果も期待できます。
レーザー治療
レーザー治療では、口内粘膜のタンパクを凝固させることで、口内炎の傷口を塞ぎます。痛みもなく、一度の施術で消炎・殺菌・自然治癒力の向上など多くの作用が得られることから、非常に有効な口内炎治療として評価されています。

塗り薬使用上の注意点

病院での口内炎治療では、多くの場合ステロイドの塗り薬が処方されます。患者様ご自身で使用して頂きますが、確かな効果を得るためには以下のようなポイントがあります。

口の中を清潔に
塗り薬を使う前には、歯磨きをして口の中を清潔な状態にしてください。ただし、患部に刺激を与えるのは厳禁です。歯磨き粉は粘膜への刺激が少ないものを選びましょう。
患部の水分を拭き取る
塗り薬を上手く塗布するためには、患部が程よく乾燥している状態が理想です。ティッシュを使い、患部の水分を優しく拭き取ってください。
塗り薬は綿棒で塗布
患部にピンポイントで塗り薬を付けるには、綿棒を使用すると便利です。力を加える傷みが生じるので、薬を患部に乗せる程度で構いません。
塗り薬の使用は食事の30分以上前に
食事をすると、患部に塗布した薬が取れやすいです。塗り薬の使用は、食事の30分以上前に行うといいでしょう。

医師の診断を受けて治療するのがベスト

ご紹介したのは一般的な口内炎の治療です。実際には口内炎にも多くの種類があり、症状に応じてベストな治療法が異なります。したがって、一般の方が市販薬のみで自己治療を行うのはおすすめできません。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、患者様の症状を診断で見極め、それぞれに適切な口内炎治療を提供します。口内炎の症状でお悩みの方は、一度ご相談ください。

口内炎の予防法:免疫力の向上

病院での口内炎治療では、多くの場合ステロイドの塗り薬が処方されます。患者様ご自身で使用して頂きますが、確かな効果を得るためには以下のようなポイントがあります。

食生活の栄養バランスを意識
免疫力向上のために、緑黄色野菜を積極的に摂取しましょう。特に意識していただきたいのは、ビタミンB2、B6、Cです。食物からの摂取が難しければ、サプリメントを用いてもいいでしょう。
睡眠は規則的にたっぷりと
不規則な生活、寝不足は体の免疫力を大きく損なってしまいます。早めに就寝し、十分な睡眠時間を確保するようにしてください。また、休みの日も朝に起床して、生活のリズムを崩さないように努めましょう。
ストレスに注意
ストレスによる精神的負荷は、免疫力の低下を招きます。ストレスから偏食による栄養バランスの崩壊、睡眠不足につながるケースも少なくありません。可能な限りストレスとの遭遇を避けるように意識しください。

口内環境の改善

口内炎の発症リスクは、特定の口内環境によって高まります。口の中を口内炎ができにくい状態にしておくことは重要です。具体的には、以下のような口内環境を維持するようにしておくといいでしょう。

口内は清潔に
口内を不潔な状態にしておくと、常在菌の異常な増殖により口内炎のリスクが高まってしまいます。毎食後、毎日の歯磨きを心がけ、口内を清潔に保つようにしてください。歯磨きを頻繁にするのが難しい場合は、うがいだけでもするようにしましょう。
乾燥状態を避ける
乾燥した口内では、口内炎ができやすくなります。口の中には、常に適切な水分をキープしておくようにしてください。水やお茶を常に用意しておくといいでしょう。あめやガムを食べるのもおすすめです。

病院で口内炎治療を受ける際は予防のアドバイスも聞いておく

一般の方の知識では、ご自身の生活においてどういった要素が口内炎を引き起こしているのかわかりづらいかもしれません。ご自身では自覚していない思わぬ問題が、口内炎を引き起こしている可能性があるのです。病院は病気の治療を受ける施設ですが、予防のアドバイスをもらうためにも、病院を利用してみてはいかがでしょうか。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院では、口内炎の治療と予後の予防策を共に提供しています。口内炎を治療するだけではなく、再発を防ぎたいとお考えの方は、当院にご相談ください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top