にきび|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

皮膚腫瘍

皮膚腫瘍とは、いわゆる皮膚上にできる「できもの」のことです。皮膚腫瘍には非常に多くの種類が存在しますが、良性の腫瘍と悪性の腫瘍に大別できます。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、良性・悪性の皮膚腫瘍の中から代表的なものの症状をご紹介します。

良性の皮膚腫瘍

急激な増殖をせず、生命に危険を及ぼさない皮膚腫瘍は良性と定義されています。以下のような皮膚腫瘍が、良性として分類されています。

粉瘤
内部が垢などの老廃物でつまった袋状の病変が皮膚上にできることがあります。これは、「粉瘤」と呼ばれる良性の皮膚腫瘍です。最初は米粒大程度の大きさですが、徐々に大きくなっていきます。化膿するまで進行すると痛みを伴い、最終的に破裂することもあります。
ほくろ(色素性母斑)
一般的に「ほくろ」として知られている皮膚上の黒い点は、「色素性母班」と呼ばれる良性の皮膚腫瘍です。見た目さえ気にしなければ、特に害となる症状はありません。一方で、皮膚がんに発展するような悪性のほくろには注意が必要です。
脂漏性角化症
脂漏性角化症は、高齢者の顔に多く見られる皮膚腫瘍です。黒い色は共通していますが、大きさや盛り上がりは症例によって異なります。かゆみを伴う場合もあります。

悪性の皮膚腫瘍

悪性の皮膚腫瘍は放置しておくと命に関わるケースもあるため、注意が必要です。代表的な悪性の皮膚腫瘍として、以下のような病気が挙げられます。

悪性黒色腫(メラノーマ)
悪性黒色腫(メラノーマ)は皮膚がんの一種です。足裏、手のひらなど体の端に現れる「末端黒子型」、全身が患部となり得る「表在拡大型」、硬いしこりができる「結節型」、平らなシミができる「悪性黒子型」に分類されます。がんが骨まで転移すると痛みが生じ、最悪のケースでは死に至ってしまうこともあります。
有棘細胞がん
有棘細胞がんは、表皮の細胞が悪性化して発症する皮膚腫瘍です。初期症状として現れるしこりが増大すると、徐々に悪臭を放つようになります。カリフラワーと形容される病変が特徴です。患部の表面は細菌感染しやすい状態となります。

「ただのできもの」と自己判断するのは危険

今回ご紹介したのは、数ある皮膚腫瘍のごく一部です。腫瘍の中には命に関わる悪性のものもあるため、「ただのできもの」と自己判断してしまうのは大変危険です。
皮膚に異常が現れたら、墨田区両国の湘南メディカル記念病院にご相談ください。経験豊富な当院の皮膚科医が対応いたします。

皮膚腫瘍の治療法

皮膚腫瘍は放置すると命に関わる場合があります。皮膚科で適切な治療を受け、早めに完治させましょう。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、医療機関で行われている一般的な皮膚腫瘍の治療法をご紹介します。

基本は手術での切除

最も選ばれることの多い皮膚収容に治療法が、手術による病変の切除です。病変と皮膚の境界より少し広い範囲を切除します。小さな病変であれば、施術した部分を縫合すれば、じきに傷はふさがります。
大きな病変を切除する場合は、縫合だけでは皮膚の欠損を補修できない場合があります。他の皮膚を移植し、欠損部分を覆う方法が一般的です。

その他の治療法

小規模な皮膚腫瘍や、良性のものであれば簡単な外科手術のみで完治します。一方、一部の悪性腫瘍は複合的な治療が必要です。危険度の高い皮膚腫瘍に対して、外科手術とあわせて行われることの多い治療法を以下にご紹介します。

リンパ節郭清
リンパ節郭清は、腫瘍が転移しているリンパ節を切除する治療法です。リンパ節に転移が認められる場合に用いられます。
放射線治療
リンパ節郭清は、腫瘍が転移しているリンパ節を切除する治療法です。リンパ節に転移が認められる場合に用いられます。

外用薬での治療

皮膚腫瘍は基本的に外科手術での病変除去が前提となり、外用薬の処方が行われることはあまりありません。とりわけ悪性の腫瘍については、外用薬での完治は難しいと考えられています。
一方で、腫瘍の初期段階であれば外用薬によって症状が収束していく場合があります。適切に外用薬を使用することで、軽度の病変が消失するケースも確認されています。現在は発展途上の段階ですが、今後外用薬が進歩すれば外科手術なしで悪性腫瘍を完治できるようになるかもしれません。

皮膚腫瘍の治療はお早めに

進行した悪性皮膚腫瘍の治療は困難であり、長引いてしまう可能性があります。また、一般の方が良性と悪性の皮膚腫瘍を安易に区別し、放置するのはおすすめできません。上述したような治療で腫瘍を完治させるために、早めに皮膚科を受診しましょう。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、多くの治療法の中から患者様に最適なものをご案内します。良性、悪性を問わず皮膚腫瘍と思われる病変が出ている方は、可能な限りお早めに当院へと足をお運びください。

皮膚腫瘍の予防法

皮膚に病変が出てしまう皮膚腫瘍。悪性の場合は、がんなど深刻な病気に発展してしまう場合もあります。意識して予防に取り組むことで、皮膚腫瘍のリスクを遠ざけましょう。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、皮膚腫瘍の原因、予防法についてお話しします。

最大の原因は紫外線

皮膚腫瘍は食事や生活習慣など、さまざまな原因から引き起こされます。中でも、最大の原因と考えられているのが、空から降り注ぐ紫外線です。
紫外線によってリスクが高まるのは、ほくろなどの軽いお肌のトラブルから、皮膚がんのような悪性のものなど、皮膚腫瘍全般です。皮膚腫瘍を予防するためには、紫外線対策を中心に取り組んでいく必要があります。

有効な紫外線対策

皮膚腫瘍のリスクを軽減するためには、紫外線対策を行うのが大切です。有効な紫外線対策を以下にご紹介します。

日焼け止めは基本
外出時に日焼け止めクリームを使用するのは、基本的な紫外線対策です。日焼け止めクリームの紫外線カット効果は、「SPF」「PA」といった値から確認できます。日焼け止めクリームを選ぶ歳は、「PA++」「SPF20」といった表示に注目しましょう。
顔に当たる紫外線にはサングラス、サンバイザー、フェイスカバーで対策
顔にできた皮膚腫瘍は特に目立ちます。長時間外に出る際は、顔に重点的な紫外線対策を行いましょう。目の周りの紫外線対策にはサングラス、サンバイザーが有効です。口の周りには、フェイスカバーを用いましょう。通気性のよいものを使用すれば、夏でも湿気はたまりません。
日傘やアームカバー、レッグカバーなどをシチュエーションに合わせて
体全体に当たる紫外線対策には、日傘を使用するのがおすすめです。UVカット加工されている日傘は、高い効果が期待できます。屋外でスポーツをする方は、アームカバーやレッグカバーを着用しましょう。スポーツ用の製品であれば動きに制限を感じることはありません。

自分に合った予防法を知るために医師に相談を

紫外線対策は多くの皮膚腫瘍に有効な予防法ですが、すべてのリスクを避けられるわけではありません。紫外線対策を十分に行っているのにもかかわらず皮膚腫瘍が多発している場合は、必ず医師に相談しましょう。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、治療の提供とともに患者様の生活や状況に応じた皮膚腫瘍の予防法をご案内しております。皮膚腫瘍の有効な予防法をお探しの方は、相談にお越しください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top