脂漏性皮膚炎|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎という病気の名前は、聞き慣れない方が多いかもしれません。皮脂の過剰分泌によって引き起こされる、皮膚の炎症です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、脂漏性皮膚炎の症状についてお話しします。

進行度による脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎の症状は、進行度によって変わります。症状が軽度の状態と、症状が進んだ状態に分けて、以下にそれぞれの症状をまとめました。

軽度な状態
皮膚に炎症が起こり、かゆみが生じます。頭皮に脂漏性皮膚炎が発症した場合は、フケの量が多くなります。
進行した状態
赤みがかった炎症が広範囲にわたって複数現れます。炎症が進行し、かさぶた状になってしまうことも少なくありません。また、患部には脱毛が起こることもあります。患部から、いわゆる「加齢臭」と呼称されるような独特の臭いが発生するケースもあります。

脂漏性皮膚炎の患部となる部位

脂漏性皮膚炎が発症するのは、皮脂腺が集まっている皮脂が多量に分泌される部位です。具体的には、以下のような部位が、発症リスクが高いと考えられています。

頭  顔  耳  脇   顔  股  胸  背中

大人の脂漏性皮膚炎は治りにくい

脂漏性皮膚炎は、乳児と中年以降の男性に多くの発症が確認されている病気です。乳児の場合は、放置しても自然と症状が落ち着いていくケースがほとんどですが、中年以降の男性に発症すると慢性化することが多く、自然治癒は難しいと言われています。

ニキビとの違いは?

脂漏性皮膚炎の症状は、ニキビと酷似しています。加えて、どちらも「皮脂」の分泌がひとつのトリガーとなる病気です。シチュエーションや見た目からでは、一般の方が判別するのは難しいでしょう。
両者の決定的な違いは、原因菌です。脂漏性皮膚炎はマラセチア真菌、ニキビはアクネ菌を原因としています。また、症状は脂漏性皮膚炎のほうが慢性的になることが多く、治療が長引くと言われています。両者は治療薬も異なりますので、自己判断せずに、医師の診察を受けるようにしてください。

中年以降の男性は要注意

先述したとおり、男性は中年以降に脂漏性皮膚炎のリスクが高まります。進行するとかさぶたや悪臭など不快な症状が現れますので、軽度のうちに治療しておくのが賢明です。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、患者様からの脂漏性皮膚炎に関するご相談をお待ちしております。フケ、かゆみなど、脂漏性皮膚炎のサインとなる症状が自覚している場合は、お早めにご来院ください。

脂漏性皮膚炎の治療法

脂漏性皮膚炎は慢性的になることが多く、治療が長引くと考えられている病気です。しかし、患者様ご自身で行うセルフケアと、皮膚科の治療をあわせて行えば、発症した肌の状態を安定させることは十分可能です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、医療機関で行われている一般的な脂漏性皮膚炎の治療法と、患者様に行っていただきたいセルフケアをご紹介します。

医療機関で提供される治療

脂漏性皮膚炎の治療は、薬物療法が中心です。処方されることが多い薬物を以下にまとめました。

ステロイド外用薬
脂漏性皮膚炎の炎症を抑えるために、ステロイド外用薬が処方されます。他の皮膚炎でも第一選択となることが多い外用薬です。間違った使用方法は副作用につながるため、医師からの指導を守って用いる必要があります。
抗真菌薬
脂漏性皮膚炎の原因は、マラセチア真菌というカビの一種です。この原因菌の活動を抑えるため、抗真菌薬が処方されます。
抗ヒスタミン薬
脂漏性皮膚炎の炎症は、かゆみを伴うことがあります。強いかゆみが出ている場合が、かゆみを軽減するための抗ヒスタミン薬が医師の判断によって処方されます。
ビタミン剤
皮脂の過剰な分泌が、脂漏性皮膚炎の一因です。皮脂の分泌量は、摂取しているビタミンのバランスによって左右されます。正常なビタミンバランスを取り戻すため、ビタミン剤が処方される場合があります。

脂漏性皮膚炎の改善を早めるセルフケア

長引きやすい脂漏性皮膚炎の治療を早く終わらせるためには、患者様ご自身で行うセルフケアが重要です。有効なセルフケアを以下にご紹介します。

入浴で患部を清潔に
毎日の入浴で患部を清潔に保つのは基本です。低刺激のボディーソープで、患部の皮脂をやさしく洗い流しましょう。皮膚にダメージを与えてしまうため、患部を強くこするのは厳禁です。
食事は栄養バランスを意識
食事は脂質の少ないものを中心にしましょう。意識して摂取していただきたいのは、ビタミンA・B・Cなどのビタミン群です。緑黄色野菜を積極的に食べるようにしてください。

薬物とセルフケアで脂漏性皮膚炎を撃退

病院で処方される薬物を使用し、上述したようなセルフケアを行えば、脂漏性皮膚炎の症状は次第に治まっていきます。医師へと相談のうえ経過を見ながら、根気強く治療に向かいましょう。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、脂漏性皮膚炎の患者様に適切な治療、セルフケアのアドバイスを提供することを心がけています。脂漏性皮膚炎の不快な症状にお悩みの方は、一度足をお運びください。

脂漏性皮膚炎の予防法

かゆみ、フケ、悪臭など不快な症状が出る脂漏性皮膚炎。可能であれば、しっかりと予防してリスクを軽減しておきたいところです。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、脂漏性皮膚炎の原因や脂漏性皮膚炎の予防に有効な方法をご紹介します。皮脂量が多い方は、ぜひ参考にしてください。

脂漏性皮膚炎の原因とは

脂漏性皮膚炎を引き起こす直接の原因は、皮膚に常在しているカビの一種であるマラセチア真菌です。マラセチア真菌は皮脂を餌として繁殖しますが、皮脂を分解する際には炎症を引き起こす脂肪酸を生み出します。皮脂の過剰分泌によってマラセチア真菌が増え、その結果はっきりとした炎症として現れるのが、脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎の具体的な予防法

脂漏性皮膚炎の予防は、マラセチア真菌の餌となる皮脂の過剰分泌を防ぐことが中心です。生活上の以下のような取り組みで、皮脂の量を抑えられます。

入浴時の注意点
入浴時に刺激の強い洗剤を使用すると皮脂を過剰に除去してしまい、入浴後の皮脂分泌を促進してしまう場合があります。シャンプー、ボディソープなどは皮膚にやさしいものを選びましょう。天然由来のものがおすすめです。
また、入浴後に髪の毛を濡れたまま放置するとカビが繁殖してしまいます。ドライヤーを使い、丁寧に髪を乾かしましょう。
正しい生活習慣を維持
健全な皮膚を維持するためには、正しい生活習慣が不可欠です。とりわけ睡眠は、皮膚の状態を大きく左右します。毎日十分な睡眠時間を確保しましょう。また、休日も朝も眠りすぎないように心がけてください。また、適度な運動は肌環境を悪化させるストレスを取り除くためにも重要です。
食事は栄養バランスを意識して
皮脂は食事で摂取する脂質から生成されます。食事の際は、脂質の多いメニューを食べすぎず、栄養のバランスを意識しましょう。肌環境や体臭の改善効果があるビタミン群を積極的に摂るのがおすすめです。

医師のアドバイスで脂漏性皮膚炎を原因から予防

上述したのは脂漏性皮膚炎の基本的な予防法です。どうしても皮脂が気になる、脂漏性皮膚炎の再発に悩まされているといった方は、医師に相談してみましょう。有効な解決策を得られるはずです。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、脂漏線皮膚炎の治療だけではなく予防に関するご相談もお待ちしております。皮膚に脂が多く、脂漏性皮膚炎の発症を懸念されている方は、ぜひお気軽に当院へお越しください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top