帯状疱疹|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

帯状疱疹

見た目にも感覚的にも不快な症状が現れる帯状疱疹。今回ご紹介するような症状が現れたら速やかな帯状疱疹の可能性を疑い、皮膚科を受診するようにしてください。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、帯状疱疹の症状について詳しくお話しします。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の原因は、子供がかかる水ぼうそうと同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。子供に感染した水痘・帯状疱疹ウイルスは、水ぼうそうが完治した後も体に残ります。体の成長に伴い免疫が十分に機能するようになれば再度、発症することはありません。
帯状疱疹は、ストレスや加齢、過労などの影響で体の免疫力が落ちたタイミングに、生存していた水痘・帯状疱疹ウイルス活動を始めることによって発症します。

帯状疱疹で現れる症状

帯状疱疹の症状は、湿疹が出る前の初期と湿疹が出た後の後期で分けられます。それぞれの段階の症状を、以下にご紹介しましょう。

初期症状
帯状疱疹の代表的な症状は湿疹ですが、通常湿疹が出る1週間から数日前に独特の初期症状が出ます。体の左右どちらかに「ピリピリ」「チクチク」というような皮膚の痛みが現れるのが特徴です。また、細長い帯状の範囲に痛みを感じるのが一般的です。また、この段階からかゆみが生じる場合もあります。
皮膚の痛みと同時に、発熱、頭痛、気だるさといった全体症状が現れることもあります。これらの症状は風邪とよく似ているため、しばしば混同されがちです。
後期の症状
初期症状として痛み・かゆみが出た後は、同じ場所に紅い湿疹が現れます。「紅斑」と呼ばれるこの症状は、帯状疱疹を代表する症状として考えられています。
症状の進行につれて紅斑は水ぶくれへと変化していきます。大きさがバラバラとなるのが特徴です。水ぶくれは自然と破れ、最終的にはかさぶた状となります。

帯状庖疹の後遺症

帯状庖疹は治癒した後も、後遺症として神経痛が現れる場合があります。高齢になるほど後遺症をもたらす確率は高くなり、60以上の方が帯状庖疹を発症すると3分の1の方に神経痛が現れると考えられていま。また、この後遺症は治療が困難と考えられており、数年にわたって続くことも珍しくありません。

初期段階で治療を

帯状庖疹を早めに完治させるためには、初期段階で治療を開始することが重要です。ご紹介した特徴的な初期症状が現れたら、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、患者様のお越しを心よりお待ちしております。

帯状庖疹の治療法

人によっては耐え難い痛みを感じる帯状庖疹。適切な治療で、早めに治してしまいたいものです。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、一般的な帯状庖疹の治療法についてお話しします。

薬物療法

医療機関で行われる帯状庖疹の治療は、症状に応じた薬物治療が中心です。一般的に使用される薬物の種類を以下にご紹介します。

抗ウイルス薬
帯状庖疹は「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因となって引き起こされる疾患です。従って症状の緩和のためには、抗ウイルス薬が用いられます。後遺症の「帯状疱疹後神経痛」を防ぐためには、なるべく早い段階で抗ウイルス薬を使用することが重要です。
抗生物質
帯状庖疹が進行して水ぶくれに変化すると、細菌感染のリスクが高まります。細菌感染を予防するためには、抗生物質を使用します。塗り薬の抗生物質が一般的です。/dd>
抗炎症薬
帯状庖疹の痛みの原因は、ウイルスの増殖によって起きる炎症です。抗ウイルス薬でのウイルスを減らす治療と同時に、抗炎症薬を利用した痛み緩和治療も行われます。強い痛みが大きなストレスになる帯状庖疹では、患者様の負担軽減につながるでしょう。

早期治療のためのセルフケア

帯状庖疹の症状を早期のうちに収束させるためには、患者様ご自身によるセルフケアも重要です。有効なセルフケアを以下にまとめました。

患部は清潔に
帯状庖疹を起こしている患部は、清潔に保つのが基本です。入浴自体は医師の判断を仰がなければなりませんが、患部が不潔な状態にならないように気をつけましょう。体を洗う際は、刺激を与えないようにするのがポイントです。炎症が起きている間は、石鹸をつけずシャワーで洗い流す程度にとどめてください。
アルコールを控える
アルコールの摂取は血管を拡張させ炎症反応を強くしてしまう作用がありますので、帯状庖疹の発症中は好ましくありません。お酒が好きな方も、帯状庖疹が治るまでは少量に抑えましょう。
患部をよく温める
患部を温めると、血行がよくなり痛みが緩和されます。カイロや湯たんぽを利用して、適度に患部を温めておくようにしましょう。

帯状庖疹を発症したら早めに医療機関に

帯状庖疹の痛みは生活の上で大きなストレスとなります。また、後遺症の帯状疱疹後神経痛も危険です。発症したら、早めに医療機関を受診するのが賢明な判断といえます。
帯状庖疹と思われる症状が現れた方は、なるべく早い段階で墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科にお越しください。当院の医師が、適切な治療、またセルフケアのアドバイスを提供いたします。

帯状庖疹の予防法

帯状庖疹を経験したことがある人は口々に「あんな痛みは二度と味わいたくない」と語ります。痛みが強くなる前に治療すれば問題はありませんが、やはり適切な予防法でリスクを回避するのが一番です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、帯状庖疹の予防法についてお話しします。

予防接種

最も直接的で確実な帯状庖疹の予防法が、予防接種です。帯状庖疹は、子供の水ぼうそうと同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス」を原因としています。したがって、大人が打たれるワクチンも同様のものです。
予防接種効果の持続期間は、患者差によって個人差があります。一般的には、一度の予防接種で10年程度と考えられているようです。帯状庖疹は50代以降の発症が目立っていますので、40代後半の方は10年程度おきに予防接種を受けたほうがいいかもしれません。

生活の中でできる予防法

予防接種以外の方法でも、帯状庖疹のリスクを軽減することができます。体の免疫力を高め、水痘・帯状疱疹ウイルスの感染を防ぐことが重要です。生活の中でできる、免疫力を高めるための方法を以下にまとめました。

栄養バランスのとれた食生活
食生活のバランスが崩壊すると、免疫力の低下という結果として反映されます。消化のよい食材を、栄養素の過不足なく摂取するのが基本です。外食が多い方や、偏食の方は、意識して食生活を見直すようにしましょう。
十分な睡眠時間
睡眠時間が不足していると、体には様々な悪影響が現れます。免疫力の低下もそうした悪影響のひとつです。他の病気のリスクも一気に高まりますので、忙しい方も十分な睡眠時間を確保するようにしてください。
体を動かす
運動は体の免疫力を高めるために重要な習慣です。激しい運動に抵抗がある方も多いかもしれませんが、ウォーキング、ラジオ体操など軽い運動でも十分免疫力の向上効果があります。まずは少しの運動から徐々に習慣づけていく取り組みが大切です。
ストレスを回避する
日常の中で感じるストレスは多くの方が想像している以上に免疫力を低下させます。仕事、家庭などでストレスを感じることが多い方は、健康のためにもストレス回避を意識して生活してみてください。

帯状庖疹の予防・治療は医療機関に

ご紹介したような予防法を実践しても、残念ながら帯状庖疹のリスクがゼロになるわけではありません。症状が現れてしまったら、速やかに医療機関を受診してください。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、帯状庖疹の治療とともに患者様の状況に応じた予防法もご案内します。帯状庖疹にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top