あせも・かぶれ|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

あせも・かぶれ

あせも・かぶれはどちらも非常に一般的な皮膚科の病気です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、あせも・かぶれの詳しい症状についてお話しします。

あせもの症状

汗を大量にかく夏の時期や、高温で湿度の高い環境で起こりやすいあせも。医学的には、3タイプのあせもが存在します。それぞれのタイプの症状を、以下にご紹介しましょう。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)
紅色汗疹では、かゆみを伴う複数の小さなぶつぶつが出ます。汗に反応して、軽い痛みが生じるのも特徴です。紅色汗疹は、最も発症例の多いあせもであり、一般的な「あせも」と言えば、こちらを指します。
水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
直径1~3mm程度の白い水ぶくれが複数できるのが、水晶様汗疹です。水ぶくれの他に目立った自覚症状がないため、発症に気付かないこともあります。
深在性汗疹(しんざいせいかんしん)
深在性汗疹を発症すると、正常に汗を排出できなくなった皮膚が盛り上がります。かゆみや赤みは出ませんが、患部に熱がたまります。熱が体中に広がり、熱中症、めまい、動機といった全体症状に発展するケースもあります。

かぶれの症状

かぶれは何らかの原因によって起こる皮膚の炎症です。皮膚に付着した物質の刺激そのものによるかぶれと、アレルギー性のかぶれに大別できます。それぞれ以下のような症状が起こります。

一次刺激性
一次刺激性のかぶれは、肌に触れる全てのものが原因物質となり得ます。症状の度合いは、原因物質から受ける刺激によって変わります。刺激が弱ければ炎症の症状は狭い範囲におさまりますが、強い刺激を受けると周囲に赤み、かゆみ、痛み、水ぶくれといった症状が起きることも少なくありません。不用意に触れたり、かきむしったりすると、周囲に症状が広がるため、注意が必要です。
アレルギー性
アレルギー性のかぶれは、原因物質が皮膚に触れてから少し時間をおいて発症するのが特徴です。一般的な症状として、かゆみ、赤み、腫れ、水ぶくれといった症状があります。一次刺激性のかぶれと同様、かきむしると症状が広がってしまいます。

症状がひどくなる前に医師に相談を

原因がなくならない限り、あせも・かぶれの症状は再発を繰り返します。その度にひどくなっていくこともありますので、決して油断できません。皮膚にダメージが残ってしまう前に、医師に相談しましょう。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、あせも・かぶれに悩む患者様からのご相談をお待ちしております。今回ご紹介したような症状が皮膚に現れている方は、お気軽に当院へお越しください。

あせも・かぶれの治療法

あせも・かぶれの原因は日常的に存在しているため、誰でもあせも・かぶれを発症する可能性はあります。しかし、どちらも放置していると皮膚にダメージが残ってしまう病気のため、軽視せずに早めに治療を受けることが肝心です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、あせも・かぶれの一般的な治療法をご紹介します。

あせもの治療法

あせもの治療法は、症状の度合いによって変わります。軽度であれば、生活の中でできる治療で症状が治まるでしょう。はっきりとした症状が出ている場合は、病院での治療が必要です。生活の中でできる治療法と、皮膚科で行われる治療についてお話しします。

生活の中でできる治療法

軽度のあせもの予防には、生活環境の改善が有効です。服の中に湿気をためないよう頻繁に服を着替える、汗をこまめに拭き取る、室内の温度調節をして汗の量を抑える、といった点に気をつければ、自然と症状は回復していくでしょう。

皮膚科で行われる治療

赤みがはっきりと目立つあせもに対しては、皮膚科での治療が必要となります。治療の方法としては、ステロイド外用薬の処方が一般的です。ステロイド剤は副作用のリスクがあるため、必ず医師の指導に従って使用しなければなりません。

あせもの患部をかきこわしてしまい、炎症が「とびひ」と呼ばれる病変になってしまうケースがあります。この段階になると周囲に細菌感染してしまう可能性がありますので、抗生剤による殺菌が必要です。

かぶれの治療法

かぶれは、原因物質が皮膚に触れることによって起きる炎症です。炎症を抑えることが、治療の中心となります。また、アレルギーを原因とするかぶれでは、別途アレルギーへの対策も必要です。

炎症を抑える薬物療法

炎症を抑えるためには、高い抗炎作用を持つステロイド外用薬が使用されます。炎症が広範囲にわたっている深刻なかぶれの場合、ステロイドの内服薬を使用することもあります。

アレルギーへの対策

アレルギーによるかぶれの場合、まずはアレルギー反応の原因となっている物質を特定しなければなりません。治療では、上述したステロイド剤のほか抗アレルギー薬が使用されます。

大切な肌を守るために

症状が長引く、赤みが強い、といった場合には、決して軽視せずに皮膚科で治療を受けましょう。特に、新生児・小さな子どもの場合は、かきこわしによって肌に消えないダメージが残ってしまう場合があります。親御さんは、お子さんの皮膚にあせも・かぶれを見つけたらすぐに対処してください。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、症状の度合い、患者様の肌状態に合わせてあせも・かぶれの治療法を選択しております。軽度の症状でも、お気軽にご相談ください。

あせも・かぶれの予防法

生活の中の簡単な取り組みで、あせも・かぶれのリスクを軽減できます。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、あせも・かぶれの発症・再発を防ぐ方法についてお話しします。

あせもの予防法

あせもが発症する直接の原因は「汗」です。夏場の外出時や、高温多湿の環境では、発汗への対策を行いましょう。具体的な方法を、以下にご紹介します。

ハンカチ・ハンドタオルを携帯
外を歩くときや、高温の場所に長時間いるときは、ハンカチやハンドタオルを携帯しておくのが賢明です。汗で皮膚が湿った状態を放置すると、すぐにあせもが発症してしまいます。
着替えを用意する
こまめに着替えて、汗を皮膚に付着させないようにするのも重要です。移動中の衣服と、移動先の衣服を2種類用意するといいかもしれません。可能であれば下着、肌着から替えると安心です。
シャワーでしっかりと汗を洗い流す
汗をかきやすい季節、環境下では、意識してシャワーを浴びる機会を増やしましょう。湯船に浸かった後の汗も、シャワーでしっかりと流して入浴を終えるようにしてください。

かぶれの予防法

かぶれは原因物質の刺激によるものと、アレルギー反応によるものに大別できます。どちらも原因物質との接触を避けるのが、基本的な予防法です。以下のようなポイントを意識し、かぶれを予防しましょう。

原因の特定
かぶれ予防のためにはまず、「何が原因でかぶれが起きたのか」を知る必要があります。シャンプー、リンス、整髪料、化粧水、日焼け止めクリームなど、皮膚に塗布しているものの中に心当たりがないか思い出してみましょう。病院でアレルギー検査を受けるのもおすすめです。
可能な限り原因を避ける
かぶれの原因がわかったなら、生活の中で可能な限りその原因に触れる機会を避けてください。化粧品、洗剤、薬品などは、含まれている成分にも注目しましょう。
どうしても避けられない場合は……
仕事の都合上など、どうしても原因物質との接触を避けられないケースも考えられます。そうした場合は、ゴム手袋、ビニール手袋などで手を保護してください。他にも、保護用のクリームでかぶれが予防できることもあります。

繰り返すあせも・かぶれの予防は医師に相談を

上述したような予防法で、あせも・かぶれのリスクは大幅に下がるはずです。どうしても発症してしまう、仕事の関係で対策が難しいといった場合は、皮膚科の医師に相談してみましょう。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科では、あせも・かぶれ予防に関するご相談を受け付けています。あせも・かぶれにお悩みの方は、お気軽にご来院ください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top