アトピー性皮膚炎|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚に現れる不快な症状で、患者様にストレスを強いる病気です。症状が軽微なうちに対策をとるのが賢明と言えます。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、アトピー性皮膚炎の症状について詳しくお話します。

アトピー性皮膚炎の概要

アトピー性皮膚炎は、炎症・湿疹が全身に広がっていく病気です。湿疹はかゆみを伴います。また、皮脂の分泌が極端に少なくなり、「カサカサ」とした状態になってしまうのも特徴です。
以前よりアレルギーとの因果関係が注目されていますが、現在も確かな原因や確実な治療法はわかっていません。再発を繰り返すのも特徴のひとつであり、長い時間をかけて向き合わなければならない病気だと考えられています。

アトピー性皮膚炎の具体的な症状

アトピー性皮膚炎で起こり得る具体的な症状を、以下にご紹介します。

乾燥
皮脂が少ない状態では、角質層に十分な水分を保つことができません。そのため、「カサカサ」と肌が乾燥した状態になります。初期段階から起こるので、アトピー性皮膚炎を象徴するような症状と言えます。
皮膚から出るフケ
皮脂が少ない状態では、角質層に十分な水分を保つことができません。そのため、「カサカサ」と肌が乾燥した状態になります。初期段階から起こるので、アトピー性皮膚炎を象徴するような症状と言えます。
紅斑(こうはん)・丘疹(きゅうしん)
症状が進行すると患部に「紅斑(こうはん)」と呼ばれる赤みや、「丘疹(きゅうしん)」と呼ばれる腫れが目立つようになります。アトピー性皮膚炎の丘疹は、ぶつぶつとした質感で、小さいドーム状のなっているのが特徴です。これらの症状は、左右対称に現れることが多いです。
痂皮(かひ)
患部をかきこわすと、「痂皮(かひ)」と呼ばれるかさぶたの状態に移行します。アトピー性皮膚炎のかゆみに耐えられない子どもに多い症状です。
びらん
皮膚の状態悪化により患部が崩れると、皮膚の一部がはがれ、ただれた状態となります。これは「びらん」と呼ばれる症状です。アトピー性皮膚炎のびらんは通常、ジュクジュクとした状態になります。
苔癬化
かきこわし、痂皮・びらんの形成を繰り返すと、最終的に皮膚が厚く、ごわごわとした硬い状態に変化します。「苔癬化」と呼ばれるこの状態は、回復が難しいと考えられています。

カサカサ肌はアトピーのサイン

上述した症状の中でも、カサカサと乾燥した肌は、比較的初期の症状です。その後の悪化を防ぐため、可能であればこの段階で医療機関を受診しましょう。

アトピーの治療は、墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科にご相談ください。

アトピー性皮膚炎の検査

医療機関ではアトピー性皮膚炎の状態把握や原因究明のために、検査が行われます。正確な検査結果はその後の治療の指針となるため、非常に重要です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、医療機関で行われているアトピー性皮膚炎の一般的な検査方法についてご紹介します。


通常、最初の診察では患者様からアトピーの状況を聴取する問診が行われます。症状が出るタイミングや、ご家族のアレルギー情報について聞かれるはずです。

質問に対する返答は、医師が治療内容・方針を決めるための重要な判断材料になります。なるべく詳細な情報をお伝えください。また、その後の治療について聞いておきたいこと、話しておきたいことがあれば、遠慮なく申し出ましょう。

一般的な検査方法

アトピー性皮膚炎の検査では、以下のような方法が医師の判断によって選ばれます。

血液検査
採血をして、数値の傾向からアトピーの状態や原因を把握します。アトピーに関連している要素としては、以下のような項目が代表的です。
■ IgE値
IgE値は、免疫グロブリンIgEの多さを示しています。アトピー性皮膚炎やアレルギー反応が出る方は、高いIgE値が検出される傾向があります。
■ 特異的IgE
特異的IgEは、原因物質ごとにアレルギーの引き起きやすさを数値化した項目です。0~6までの7段階で、各原因物質によるアレルギー反応がどれくらい起きやすいかを判定します。
■ 好酸球数
好酸球は、病気や体の異常を防ぐ白血球の一種です。アトピー性皮膚炎の発症者は、血液の中に多くの好酸球が含まれている傾向があります。
皮膚検査
皮膚組織の変化の様子から、検査を行うこともあります。主にアレルギー原因物質の特定を目的としています。代表的なのは以下のようなテストです。
■ パッチテスト
アレルギー反応を引き起こしている可能性が高い物質を皮膚に貼り付け、48時間、もしくは72時間経過後の状態を確認します。
■ 皮内テスト
アレルギー反応を引き起こしている可能性が高い物質を注射で皮膚内に注入し、状態変化を観察します。
■ スクラッチテスト
アレルギー反応を引き起こしている可能性が高い物質を皮膚に少量付着させ、少しだけ皮膚に傷をつけ状態変化を観察します。
 

まずはアトピーの状態・原因を知ることが重要

ただアトピーの症状に苦しむのではなく、状態・原因を知り肌状態の安定を目指しましょう。そのためにも、医療機関で検査を受けることは重要です。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は詳細な検査を実施し、患者様のアトピーの原因を特定します。アトピー肌にお悩みの方は、まず当院にご相談ください。

 

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎は正確な原因がわかっておらず、治療法も確立されていません。現在は根治を目指す治療ではなく、炎症を抑えて皮膚の状態を安定させる治療が主流です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、医療機関で行われているアトピー性皮膚炎の一般的な治療法、外用療法、内服療法についてをご紹介します。

外用療法
アトピー性皮膚炎の治療において第一の選択となるのは、皮膚の炎症を抑えるステロイド外用薬です。炎症の度合いに応じて、5段階の強さのステロイド外用薬が使い分けられています。副作用が懸念されるステロイドですが、基本的に医師のガイダンスに従って使用を続ければ問題はありません。
医師の判断によっては、非ステロイド系の消炎薬が使用されることもあります。また、乾燥肌の改善には、尿素の軟膏やワセリンなどの外用薬が有効です。
 
内服療法
内服薬は、主にアトピー性皮膚炎で発生するかゆみを緩和させるために用いられます。かゆみを抑える内服薬として最も一般的に処方されるのが、抗ヒスタミン薬です。かゆみを起こす成分「ヒスタミン」の働きを抑制します。
過度な免疫反応によるかゆみをなくすために、免疫抑制薬が用いられることもあります。炎症が広い範囲に広がっている場合に処方されます。
この他にも、抗アレルギー薬、睡眠導入剤などが医師の判断で処方されることもあります。

アトピー性皮膚炎に有効なセルフケア

アトピー性皮膚炎の改善には、医療機関での治療以外に日常的なセルフケアも有効だと考えられています。効果的なセルフケアの例を以下にご紹介します。

食生活の改善
食事の内容は、アトピーの肌環境を大きく左右します。腸内環境をよくするヨーグルトや海藻、肌環境改善効果のある脂質を含有している魚類などを意識して食べるのがおすすめです。また、農薬はアトピー肌への悪影響が懸念されていますので、野菜を買う際は無農薬のものを選ぶといいでしょう。
入浴は塩素を抜いたお湯で
水道水に含まれる塩素は、アトピー肌を悪化させてしまいます。浴槽にお湯をはった後には、ビタミンC配合の入浴剤などで塩素を除去しましょう。専用のシャワーヘッドに交換すれば、塩素が除去されたお湯でシャワーを浴びることができます。

医師とともにアトピーと向き合う

アトピー性皮膚炎は症状が落ち着くまでに長い時間を要します。しかし、治療を乗り越え、肌の状態を安定させた方は少なくありません。医師とともに、アトピーと向き合えば、健康な肌を取り戻すことはできます。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科は、患者様のアトピー肌改善のお手伝いしています。つらい症状に悩まず、一度当院へとご相談ください。

アトピー性皮膚炎の予防法

今日に至るまで、アトピー性皮膚炎の正確な原因は特定されていません。そのため、「こうした予防法でアトピーを必ず避けられる」といった方法は見つかっていないのが現状です。ただ、発症してしまった場合も、生活上の取り組みで症状の度合いをコントロールし、肌の状態を安定させることはできます。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐ方法についてお話しします

アレルギーの原因を避ける

アトピー性皮膚炎は、アレルギーと強い関連性があると考えられている病気です。アレルギーの原因は人によって違います。以下では一般的なアレルギー原因物質への対策をご紹介します。

清潔な環境づくり
ダニ・ハウスダストは、アトピーにつながるアレルギーの代表的な原因物質です。生活環境は、ダニやハウスダストが増加しないよう、清潔を維持してください。寝具やカーテン、カーペットなどもほこりがたまらないように注意しましょう。室内は頻繁に空気の入れ替えをして、ほこりが充満するのを防ぐのも重要です。
食事は含有成分にも注意
食物がアレルギーを引き起こしている場合は、原因となる食物を避ける必要があります。見かけ上では原因物質が入っているとはわからない場合がありますので注意してください。食品を購入する際は含有成分にも注目しましょう。外食の際は、注文する前に店員へ確認しておくと安心です。

ストレスケアでアトピーを予防

ストレスも、アトピー性皮膚炎の症状にかかわる要素のひとつです。日常的なストレスを自覚している方は、ストレスケアを行うとアトピーの悪化が予防できるかもしれません。以下のようなストレスケアを心がけましょう。

悩み事は一人でためこまない
深刻な悩み事を一人で抱え込んでいるとストレスがたまる一方です。可能であれば身近に相談できる人を見つけましょう。
スケジュールを詰め込みすぎない
過密なスケジュールでは、蓄積しているストレスはなくなりません。忙しい中でも、意識してしっかりと休む癖をつけましょう。仕事中はこまめに休憩をとるのもおすすめです。
睡眠不足に注意
睡眠不足はアトピーの症状を進行させてしまうと考えられています。1日の生活リズムを整えることで、アトピーが改善された例は少なくありません。睡眠不足を自覚している方は、寝る時間と起きる時間を決めて十分な睡眠時間を確保することから始めてみてください。

セルフケア+医師からのアドバイスでアトピーの悪化を阻止

上述したようなセルフケアでアトピーの悪化を防ぐのは重要ですが、やはりセルフケアだけでは十分な予防とは言えません。医師のアドバイスや、病院で提供される治療薬を活用し、セルフケアをあわせて行うことで悪化を阻止しましょう。アトピー性皮膚炎の悪化予防に関しては、墨田区両国の湘南メディカル記念病院にご相談ください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top