にきび|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

にきび

「今までにきびができたことがない」という方は、ほとんどいないのではないでしょうか。思春期のお子様にとって、にきびは非常に一般的な病気です。大人になってからも、にきびに悩まされている方はたくさんいます。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、にきびの症状についてくわしくお伝えします。

にきびの原因

毛穴に皮脂が詰まり、原因菌である「アクネ菌」が増殖してしまうことが、にきびが発生する直接の原因です。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。
思春期はホルモンバランスの乱れから、皮脂が多くなりやすい時期です。大人の場合はストレスや睡眠不足 がホルモンバランスの乱れを引き起こし、皮脂の過剰分泌が起こります。また、肌がもともと持っているバリア機能の低下によっても、にきびができやすくなります。

にきびの種類

にきびは段階によって分類され、それぞれ症状が違います。以下では、段階別のにきびの症状についてお話しします。

初期のにきび
なんらかの要因により毛穴が狭くなると、皮脂が詰まってしまいます。この状態が、「にきびの始まり」と言える段階です。
白にきび
毛穴に皮脂がたまると、「コメド」と呼ばれる白い固まりが顕出することがあります。この段階は、白にきびと呼ばれています。
黒にきび
白にきびでできたコメドが空気に晒され続けると、黒く酸化した状態になります。これが、黒にきびと呼ばれる状態です。
赤にきび
コメドが発生して時間が経過すると、皮膚に存在するアクネ菌が増殖し、腫れ上がります。これが赤にきびの状態です。この段階になると、赤みや痛みが出ます。
黄色にきび
赤にきびによる炎症がさらに発展すると、内部に膿がたまった黄色にきびへと悪化します。この状態から治癒しても、クレーター状の跡が残ってしまうことがあります。

跡が残ってしまうことも

にきび自体にも腫れや痛みといった症状があります。しかし、多くの人が懸念しているのは、にきびが治癒した後に、跡が残ってしまうことではないでしょうか。
にきびは、上述した白にきび、黒にきび、赤にきび、黄色にきびという順番で進行していきます。跡が残ってしまう確率は、にきびが進行しているほど高いようです。にきび跡のないきれいな肌を保ちたければ、入念なスキンケアを行うとともに、にきびができたら迅速に治療を行うことが大切です。
墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、患者様のにきび治療のお手伝いをします。にきびにお悩みの方は、早い段階で当院へとご相談ください。

にきびの治療法

にきび跡を残さないためには、早期にうちに治療してしまうことが大切です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、医療機関で行われている一般的なにきび治療についてお話しします。

新治療薬「ディフェリンゲル」

湘南メディカル記念病院のにきび治療において、中心的な治療薬となっているのが「ディフェリンゲル」です。ディフェリンゲルは2008年に外用薬として認められたばかりの新しい薬ですが、既に医療機関におけるにきび治療では広く使用されています。

アダパレンで早い段階のにきびを治癒
ディフェリンゲルには、「アダパレン」という成分が含まれています。アダパレンは毛穴のつまりを防ぐことで、にきびの治りを早くする薬です。早期のにきび治療に使用すると、確実な効果が期待できます。
一方で、症状が進行して赤く腫れてしまったにきびに対しては、あまり効果が期待できません。また、にきびの跡に対して塗布しても全く意味がありません。
考えられる副作用
ディフェリンゲルを使用すると非常に高い確率で副作用が現れると考えられています。主な副作用の内容は、皮膚が赤みがかる「紅斑」や、肌のヒリヒリとした感覚です。この副作用を懸念してディフェリンゲルを止めてしまう方がいますが、あまりいい判断とは言えません。通常、副作用は1ヶ月ほどで落ち着いていきます。この副作用を考えてもディフェリンゲルは非常な有用な薬です。根気強く使用していくことをおすすめします。

その他の一般的な治療方法

にきび治療で主となるのは、上述したディフェリンゲルをはじめとする外用薬の処方です。一方で、症状の程度によっては他の治療が行われることもあります。
内用薬として使用されるのは、ルリッド、クラリス、ミノマイシンといった抗生物質です。患部に作用し、重度の炎症も和らげます。また、にきびの原因となる皮脂の過剰分泌を抑制するため、ビタミン剤が処方されることもあります。
クリニックなどでは、毛穴につまった皮脂を物理的に取り除くピーリングなども一般的です。患者様自身が日常的に行うスキンケアや生活習慣の見直しも、跡を残さずにきびを治すためには重要となります。

肌と症状に合った治療を

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科では、多くの方法の中から患者様の肌とにきびの症状にあわせた治療法を提供しております。また、日常的なスキンケアに関するアドバイスも行っております。にきび肌を改善したいとお考えの方は、お気軽にご来院ください。

にきびの予防法

にきびのない肌を維持していくためには、患者様ご自身で行うスキンケアが最も重要です。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科が、患者様が自宅で行えるにきびの予防法をご紹介します。

にきび予防のための洗顔

洗顔フォームなどを使用した洗顔は、最も基本的なにきび予防です。一方で、間違った洗顔方法により肌をにきびのできやすい状態にしてしまっている方も少なくありません。洗顔時に気をつけていただきたいポイントを以下にご紹介します。

洗顔の流れ
洗顔は、ぬるま湯などで軽く顔を流してから始めましょう。洗顔料は手で適度に泡立て、顔の上部から順につけていきます。大きい面では円を描くようにして洗顔してください。くれぐれも肌を傷つけないようにソフトタッチで行うようにしましょう。
洗顔料を流す際は、体温と同じ程度のお湯を使うのが理想です。泡が残ることのないように、入念に洗い流してください。やわらかい素材のタオルで軽く水気をとったら、保湿のために化粧水やクリームを塗布してください。
洗顔しすぎはNG
元来、肌にはある程度のうるおい成分が必要です。にきびを気にするあまりに洗顔しすぎてしまうと、必要なうるおい成分までを奪ってしまいます。肌が乾燥すると毛穴の詰まりやすくなってしまうこともあります。洗顔のしすぎは逆効果です。

生活習慣からにきびを予防する

不健康な生活習慣はにきびの原因となります。健康のためにも、生活習慣からにきびを予防しましょう。

睡眠で肌のターンオーバーを促進
にきびのない肌を保つうえで、十分な睡眠時間を確保することは極めて重要です。また、規則的な睡眠も、肌のターンオーバーを促します。にきびができやすい方は、睡眠を見直してみてはいかがでしょうか。
ビタミンを積極的に摂取
ビタミンは、皮脂の代謝を促します。とりわけ緑黄色野菜はにきび肌の改善に有効なビタミンを豊富に含んでいますので、積極的に摂取するようにしてください。また、糖分、油分、刺激物はにきび予防の大敵となりますので、食べるのは適量にとどめるようにしましょう。
アルコールはほどほどに
アルコールの飲み過ぎはさまざま問題を引き起こしますが、皮脂腺への刺激によってにきび肌にも悪影響を及ぼします。にきびを予防するうえで、アルコールの摂取は好ましくありません。

適切な予防でにきびを原因から根絶

適切なスキンケア、生活習慣を心がければ、にきびが現れることはありません。さらに具体的な予防用を知りたい方は、墨田区両国の湘南メディカル記念病院・皮膚科へと、お気軽にご相談ください。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top