ロコモティブシンドローム|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

ロコモティブシンドローム

将来、介護が必要になるリスクが高い状態
立つ・歩くといった機能が低下している状態

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは?

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは、「将来、介護が必要になるリスクが高い」または「立つ・歩くといった機能が低下している状態」を表す新しい言葉です。予備軍を含めると4700万人いると報告されています。

メタボリックシンドロームを「メタボ」と呼ぶように、ロコモティブシンドロームのことを「ロコモ」と表現します。
ロコモ(ロコモティブシンドローム)が進行すると、日常生活にも大きな支障を生じてきます。2007年に日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモ(ロコモティブシンドローム)とういう概念を提唱しました。

是非この機会に「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」を皆さんに知っていただき、いつまでもご自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせるために、ロコモ(ロコモティブシンドローム)予防から治療までをご紹介したいと思います。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)チェック

下記の項目でいくつ当てはまるか、まずは7項目をチェックをしてみましょう。

片脚立ちで靴下が履けない
家の中でつまずいたり、滑ったりする
階段を登るのに手すりが必要
横断歩道を青信号で渡りきれない
15分くらい続けて歩けない
2kg程度の買い物をして持ち帰ることが困難
(1リットルの牛乳パック2個程度)
家のやや重い仕事が困難
(掃除機の使用や布団の上げ下ろし等)

上記、いくつ該当する項目がありましたか?
ロコモ(ロコモティブシンドローム)は日常生活に支障をきたすことや、周囲の人間にも迷惑をかけてしまう可能性があるので、まずは医師にご相談ください。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)の原因

ロコモ(ロコモティブシンドローム)は運動器症候群と言い、運動機能の低下や運動器の病気のために、移動能力が低下して要介護になる可能性が高い状態です。
具体的な例としては、骨粗しょう症、骨や関節の病気、筋力の低下、バランス能力の低下などにより運動能力や移動能力が低下していくことでロコモ(ロコモティブシンドローム)になります。

人が自分の身体を自由に動かすことができるのは骨、関節、筋肉や神経で構成される運動器の働きによるものです。骨、関節、筋肉はそれぞれが連携して働いており、どれかひとつが悪くても身体はうまく動きません。将来、要介護や寝たきりにならない為に早めの予防と早めの治療が必要です。

  • ロコモ(ロコモティブシンドローム)の大きな原因の1つ「骨粗しょう症」について

    骨粗しょう症は50歳を過ぎると骨密度が低下し、女性はホルモンの分泌量減少に加えて腸管でのカルシウム吸収を助けるビタミンDをつくる働きが弱くなり骨量が減少していきます。
    その後、ちょっとしたことで骨折しやすくなり要介護や寝たきりの原因となっていきます。ですが、その前に不足しているホルモンの補充や、筋力トレーニング、運動を行うことで予防ができると考えられています。
    骨粗しょう症は自覚症状がない為、発見や治療が遅れる傾向にあります。定期検査を受け、ご自分の状態を知ることが大切です。

骨粗しょう症は女性に多い病気です

国内の骨粗しょう症患者は約1,300万人と言われており、そのうち1,000万人は治療を受けていないとされています。

年齢による骨密度の変化

閉経後は骨を守る働きをしている女性ホルモンが減り、骨量も急激に減少します。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)の治療と運動

膝に痛みがある方、腰に痛みがある方は、まずは痛みを緩和する治療から行いましょう。
痛みがあるとストレッチや運動が困難な場合が多く筋力、移動能力が低下していきロコモ(ロコモティブシンドローム)の原因となってしまいます。

  • 痛みを緩和する治療法

    • 膝 ・・・ ヒアルロン酸注射
    • 腰 ・・・ ブロック注射
    • 肩、腰 ・・・ トリガーポイント注射
    • 靭帯、腱、筋肉 ・・・ PRP(多血小板血漿)療法
  • 骨粗しょう症の方は骨密度測定をし、状態に合わせ内服や注射の治療を行いましょう

    そして治療と並行し安全な場所で足の筋力トレーニング、バランストレーニングから始めましょう。運動ができそうな方は、ウォーキングや水泳なども効果的です。
    筋力トレーニングや運動を行うことで筋力、骨密度、バランス能力の維持が期待できます。また、ご自宅でのトレーニングが難しい場合はリハビリ通院も可能です。治療、運動やリハビリについて詳しくはお問合せください。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)度テスト

このテストでは下肢筋力を測ります。片脚または両脚で、決まった高さから立ち上がれるかどうかで、程度を判定します。

10、20、30、40cmの台を用意します。はじめに、40cmの台に両腕を組んで腰かけます。この際に両脚は肩幅ほどに広げて床に対して脛(すね)がおよそ70度(40cmの台の場合)になるようにして、反動をつけずに立ち上がり、そのまま3秒間保持します。

40cmの台から両足で立ち上がれたら、片脚でテストを行います。【1】の姿勢に戻り、左右どちらかの脚を上げます。この時に上げたほうの脚の膝(ひざ)は軽く曲げます。反動をつけずに立ち上がり、そのまま3秒間保持してください。

・無理をしないよう気をつけましょう。
・テスト中、膝に痛みを感じる場合は中止して下さい。
・反動をつけると転倒する恐れがあるので気をつけましょう。

測定方法

片脚40cmができた場合は、低い台で片脚テストを行います。
10cmずつ低い台に移り、片脚ずつテストを行います。 左右とも片脚で立ち上がれた一番低い台がテスト結果となります。
片脚40cmができなかった場合は、両脚でテストを行います。
10cmずつ低い台に移り、両脚で立ち上がりをテストします。 両脚で立ち上がれた一番低い台がテスト結果となります。

【参考:各高さでの難易度比較】
両脚40cm<両脚30cm<両脚20cm<両脚10cm<片脚40cm<片脚30cm< 片脚20cm<片脚10cm

測定結果
の判別

ロコモ度1
(どちらか一方の片脚で40cmの高さから立ち上がれない)
ロコモ度1は、移動機能の低下が始まっている状態となります。筋力やバランス力が落ちてきているので、ロコモーショントレーニングを始めとした運動を習慣づける必要があります。
また、十分なたんぱく質とカルシウムを含んだバランスの良い食事を摂取するよう心がけましょう。
ロコモ度2
(両脚で20cmの高さから立ち上がれない)
ロコモ度2は移動機能の低下が進行している状態となります。自立した生活ができなくなるリスクが高く、特に痛みを伴う場合は何らかの運動器疾患が発症している可能性があります。整形外科専門医師の受診をお勧め致します。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)の予防や改善

目的 ふくらはぎの筋力をつけます。
回数目安/1日 10~20回×2~3セット(※無理のない範囲で)
ポイント バランスを崩しそうな場合は、壁や机に手をついて行って下さい。また、踵を上げすぎると転びやすくなりますので気をつけて下さい。
目的 下肢の柔軟性、バランス能力、筋力をつけます。
回数目安/1日 5~10回×2~3セット(無理のない範囲で)
ポイント 上体は胸を張って、良い姿勢を維持します。大きく踏み出し過ぎてバランスを崩さないように気をつけましょう。

ロコトレ(ロコモティブシンドローム)について

ロコトレはたった二つの運動で行えます

身体に無理のない範囲で、毎日続けてロコモ(ロコモティブシンドローム)の予防や改善を心がけましょう。

身体に無理のないよう、左右1分間ずつ、
1日3回行いましょう

ポイント

姿勢を真っ直ぐにして行うようにしましょう。支えが必要な方は十分注意して机に手や指をついて行いましょう。 指をついただけでもできる方は机に親指をついて行います。

深呼吸をするペースで5~6回繰り返します。身体に無理のないよう、1日3回行いましょう。


①肩幅より少し広めに足を広げて立ちます。つま先は30度くらい開きます。
②膝がつま先より前に出ないようにし、膝が足の人差し指の方向に向くよう注意して、おしりを後ろに引くように身体をしずめます。
③スクワットができないときは椅子に腰をかけて机に手をついて立ち座り動作を繰り返します。

ポイント

動作の最中は息を止めないようにします。 膝(ひざ)に負担がかかり過ぎないように、膝(ひざ)は90度以上曲げないようにしてください。
太ももの前や後ろの筋肉にしっかり力が入っているか意識しながらゆっくり行います。 支えが必要な方は十分注意して、机に手をついて行いましょう。

いかがでしたでしょうか。将来「ロコモ」(運動器症候群)から要介護、寝たきりにならないように、また健康寿命を延ばせるように定期検査や自分に合った予防と治療を行いましょうロコモチェックやロコモ体操などご本人に合わせたご紹介もできますのでお気軽にご相談下さい。

専門医 村瀬鎭人医師のご紹介
整形外科
村瀬 鎭人 医師
(むらせ しずと/Shizuto Murase)

整形外科専門医 医学博士 ロコモアドバイスドクター

村瀬医師

これまで骨折、関節鏡、人工関節など様々な手術を行ってきました。20年以上の臨床経験をもとに皆様、 お一人おひとりに耳を傾けながら的確な診断をした後、ライフスタイルに合わせた医療提供、提案をさせて頂きます。
皆様のかかりつけ医、信頼できる医師を目指し診療してまいります。

当院では痛み除去、緩和を目的としたトリガーポイント注射も行っております。
デスクワークで辛い思いをされている方、痛みによりスポーツを中断されている方はご相談下さい。 その他、膝の 痛みにより日常動作に支障をきたしている方には関節注射や機能回復のためのリハビリも積極的に行っております。

外傷、脱臼、骨折、腱鞘炎、スポーツに伴う痛み、膝や肩の関節痛やしびれ、腰痛、骨粗鬆症、関節リウマチ、術後経過、 身体障害者福祉法指定医師(肢体)による診断書などお気軽にご相談、ご来院下さい。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top