整形外科ばね指(弾発指)の日帰り手術について

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

日帰り手術

手の使い過ぎやスポーツによる
ばね指(弾発指)の日帰り手術

湘南メディカル記念病院の日帰り手術

湘南メディカル記念病院では、ばね指(弾発指)の日帰り手術を行っております。

ばね指(弾発指)とは

指は腱により曲げたり伸ばしたりすることができます。手を握るような強い力を出すための筋肉は前腕にあり、 腱がその力を伝えて初めて指を曲げて手を握ることができるのです。

屈筋腱が浮き上がらないよう押さえているのは靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるもので、「衣服につけるベルト」と「ベルトを通す穴」のようなものです。
            

この靱帯性腱鞘は指にあるので、指の付け根に負荷がかかり炎症を起こすことがあります。その炎症が進行すると引っかかる部分が出て来てばね指となることがあるのです。

このような方はご相談下さい

ばね指…指の曲げ伸ばし時に痛みや引っ掛かりが出る腱鞘炎

  • 注射で改善されない
  • 再発を繰り返す
  • お通いの整形外科では手術を行っていない
  • 指を使う仕事で保存的治療が困難、悪化する 
  • 日常生活に支障をきたしている
  • 保存的治療での通院が困難
  • 根治治療の希望の方

※腱鞘を切開する事で症状はなくなります。


ばね指(弾発指)の症状

指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が生じると、「腱鞘炎(けんしょうえん)」となり腱鞘で腱がスムーズに動かなくなります。

それに伴ない、指の付け根の痛みや腫れ、熱感などの症状が出てきます。

朝に症状が強く出て、日中は症状が軽減することも多いので、進行してばね指となったり、さらに悪化して指が動かなくなることもありますので、早期の治療をおすすめします。

ばね指(弾発指)の原因

更年期の女性や妊娠出産期の女性に多く見受けられます。 指を使う仕事やスポーツなどをはじめとして、手の使い過ぎが原因となることが多く、糖尿病、リウマチ、透析患者様にも発生します。 親指、中指に多い症状ですが、環指、小指、示指にも見られます。

指の使い過ぎによる負荷なので、指を動かす度に摩擦で炎症が進行して腱鞘の肥厚、腱の肥大、通過障害など症状は悪化しますので早期治療をおすすめします。

治療法

治療法としては「局所の安静」「消炎鎮痛剤(内服・外用)」「腱鞘内ステロイド注射」「手術」などがあります。注射の場合、3ヶ月以上は症状が治まることが多いですが、再発することも多々あります。

  • 局部の安静
  • 消炎鎮痛剤の投与
  • 腱鞘内ステロイド注射
  • 手術

何度も再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を手術(腱鞘切開)して治療します。切開するのは腱鞘の一部なので小さな傷で済みます。 手術時間は15分程度で行え、手術直後に引っかかりは無くなりますので、当日から指を使うことができます。湘南メディカル記念病院では、腱鞘切開手術を日帰りで行うことができます。

手術当日について

  • 予約にて行います
  • 患部に局所麻酔を行います
  • 日帰りの短時間で行えるものとなります
  • 手術当日より手を使うことができますが手は濡らさないでください
  • 手術後は消毒、抜糸、約3回の通院にて治療は終了となります

軟部腫瘤、その他、手に関する日帰り適応の疾患は手術の可能なものがありますので受診時にご相談下さい。

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top