四十肩、五十肩、肩こり、肩腱板断裂等のご案内

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

整形外科が診察する肩の症状

肩にはさまざまな異常が現れます。その中でも代表的な障害を墨田区両国の湘南メディカル記念病院・整形外科がご紹介します。


四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

肩関節周囲炎は肩関節に痛みを感じる障害です。肩関節を軸とした動作が困難となります。「四十肩」「五十肩」という呼称も一般的です。

原因についてははっきりしていないものの、加齢により肩関節や周辺の筋肉が弱くなってしまうことが関係していると考えられています。また、関節を包んでいる「関節包」が癒着してしまうと、更に動作が困難になることがわかっています。

痛みの激しい急性期には、消炎鎮痛剤で痛みを抑えながら基本的に安静状態を保ちます。急性期の後は、温熱療法や運動療法を行っていきます。また、関節包の癒着後は関節の動きが悪くなってしまうため、治療は早めに開始する必要があります。

肩こり

肩こりは首の周囲に生じる張り、こり、痛みなどの総称です。

首まわりが緊張するような作業に従事している人は、肩こりを発症しやすい傾向があります。良くない姿勢や運動不足といった生活習慣も、代表的な誘因です。ストレスや冷房などが原因となることもあります。

症状に応じて、湿布薬、筋弛緩薬、局所注射、温熱療法、運動療法といったさまざまな治療方法が選択されます。

肩腱板断裂

肩腱板断裂は肩関節を補助する筋肉が「腱板」が何らかの要因によって切れてしまった状態を指します。肩を動かす時や、夜間に痛みを感じます。

転倒の際に手をついた、肩を強打した、といった場合には、腱板が切れてしまう可能性があります。老齢になると、腱板が弱っているため、何もしていなくても自然に切れてしまうことがあります。

治療中は安静状態を保つのが基本です。必要に応じて注射や運動療法が行われます。症状が重く、運動が困難な場合は、手術が行われます。

肩の異常は無視せず医療機関へ

加齢によって異常が起きやすい肩。中には、仕方がないものと諦めてしまう方も少なくありません。しかし、上述したような肩の異常を放置してしまうと、悪化していく一方です。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・整形外科では肩に関する悩みを持つ患者様からのご相談をお待ちしております。いつでもお気軽に当院へお越しください。



専門医 村瀬鎭人医師のご紹介
整形外科
村瀬 鎭人 医師
(むらせ しずと/Shizuto Murase)

整形外科専門医 医学博士 ロコモアドバイスドクター

村瀬医師

これまで骨折、関節鏡、人工関節など様々な手術を行ってきました。20年以上の臨床経験をもとに皆様、 お一人おひとりに耳を傾けながら的確な診断をした後、ライフスタイルに合わせた医療提供、提案をさせて頂きます。
皆様のかかりつけ医、信頼できる医師を目指し診療してまいります。

当院では痛み除去、緩和を目的としたトリガーポイント注射も行っております。
デスクワークで辛い思いをされている方、痛みによりスポーツを中断されている方はご相談下さい。 その他、膝の 痛みにより日常動作に支障をきたしている方には関節注射や機能回復のためのリハビリも積極的に行っております。

外傷、脱臼、骨折、腱鞘炎、スポーツに伴う痛み、膝や肩の関節痛やしびれ、腰痛、骨粗鬆症、関節リウマチ、術後経過、 身体障害者福祉法指定医師(肢体)による診断書などお気軽にご相談、ご来院下さい。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top