外反母趾や変形性膝関節症、アキレス腱断裂、オスグット病等のご案内

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

整形外科が診察する足の症状

足は生活の中でも非常な部位です。だからこそ故障には気をつけなければなりません。足に起こり得る障害の中から、墨田区両国の湘南メディカル記念病院・整形外科が代表的なものをご紹介します。


外反母趾

外反母趾は足の親指がくの字に曲がり、先端が人差し指側を向いてしまう障害です。曲がった親指の付け根は外側へ突き出し、痛みが生じます。

親指が圧迫されるような靴を履き続けると、外反母趾につながります。歩き方や運動不足といった生活習慣も、要因となります。その他、先天的な外反母趾の例もあります。

外反母趾体操や固定具の装着によって、少しずつ親指の向きを正していきます。また、適切な履物の選択は大前提です。重症の場合は手術が必要になるケースもあります。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は膝に水が溜まり痛みが生じる障害です。初期段階では歩行時に痛み、休むことで回復しますが、末期には痛みが慢性化します。また、膝をまっすぐ伸ばせず、歩行が困難になってしまいます。

加齢に伴い、膝関節の老化によって発症する例が多いです。骨折、靭帯や半月板損傷の後遺症として発症するケースもあります。

痛み止めの服用やヒアルロン酸の注射が有効です。運動機能を取り戻すため、リハビリを行うこともあります。症状が深刻な場合は手術が必要です。肥満傾向にある場合は、ダイエットが奨励されます。

アキレス腱断裂

ふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋を付着させているアキレス腱が、何らかの刺激によって断裂してしまうことがあります。断裂時は強い痛みが走り、しばらくの間歩行はままなりません。また、断裂の瞬間に「バチッ」という大きな音が鳴ります。

急激な運動や、ジャンプなど、アキレス腱に突然の負荷を加えた際に起こり得ます。30~50歳の方は特に発症リスクが高いため、運動前には入念なストレッチが必要です。

患部を固定して症状の収束を待つ方法と、手術により直接縫合する方法があります。いずれにしても、6ヵ月程度は安静にしていなければなりません。

オスグット病

オスグッド病は、膝の周囲に痛みを伴う腫れが現れる障害です。腫れの大きさは5cm程度で、熱を持ちます。10~15歳程度のスポーツを行う子供に特徴的な病気です。

成長期は膝の曲げ伸ばしにおいて重要な役割を担う「脛骨」がまだ軟骨の状態です。この時期に膝を酷使する運動を行うと、大腿四頭筋と脛骨の付着部に負荷がかかり、剥離が起こることがあります。これがオスグッド病の原因です。

成長期のスポーツの際は、ストレッチング、アイスマッサージ等を駆使し、症状を緩和させます。一過性の病気のため、成長期が終了すると発症することはなくなります。

スポーツで起こり得る足の慢性障害

スポーツにおいて足は、全体重を支えることになります。そのため、慢性的な障害を抱えてしまうケースが少なくありません。外脛骨障害、足底腱膜炎、種子骨障害、踵骨々端症、踵骨滑液包炎といった障害が代表的な例です。

スポーツによって負担がかかる部位が異なってきます。予め起こり得るアクシデントを想定しておくことは、極めて重要です。また、負担の大きい運動ほど、入念なマッサージ、ストレッチを行うことは前提となります。小さな負担でも、繰り返されることによって慢性障害を引き起こすこともあります。

痛みを感じた場合、無理をして運動を続けるのは厳禁です。アイシング、湿布薬の貼り付け、局所注射、固定具の装着といった治療を、必要に応じて行います。

シンスプリント

シンスプリントは、陸上やサッカーなど走ることの多い競技の選手に多くみられる、下腿(すね)の内側が痛む障害です。「脛骨過労性骨膜炎」とも呼称されます。

ランニングやジャンプによる下腿への刺激の反復、また、下腿骨が引っ張られることによる炎症が原因と考えられています。扁平足や走る場所、適切ではシューズ選びなども、誘因となる要素です。

運動量を減らし、マッサージ、アイシングを行うことで回復していきます。症状の強さによっては、外用薬が処方されることもあります。

ストレスのないスポーツ、生活のために整形外科で適切な治療を

足を故障すると生活が困難になってしまうのは言うまでもありません。とりわけスポーツを行っている方にとっては、足の故障は選手生命に関わる問題です。

足に少しでも違和感を覚えたなら、墨田区両国の湘南メディカル記念病院へとお越しください。経験豊富な整形外科のスタッフが、患者様の回復をお手伝いします。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top