肘部管症候群、肘内障、ばね指、テニス肘等のご案内

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

整形外科が診察する手の症状

手は日常生活や仕事で酷使されることが多く、さまざまな障害が現れてしまう部位です。そうした障害の中から、墨田区両国の湘南メディカル記念病院・整形外科が代表的なものをご紹介します。


母指CM関節症

母子CM関節症は。親指の力を必要とする動作(例:ものをつまむ、ビンのふたをあける)を行った際、親指の付け根付近に痛みが生じる障害です。

親指の付け根は、“つまむ”“ふたをあける”といった動作を行う、可動範囲の広い関節です。同時に、使いすぎによって軟骨の摩耗が起こりやすい部位でもあります。軟骨の摩耗が進行していくと、少しの動作でも痛みが起こるようになります。

痛みの度合いに応じて注射、固定具の装着、温熱療法といった治療が選ばれます。また、治療中は親指の安静状態を保つことになります。

肘部管症候群

肘をぶつけるなど手に衝撃が加わった際、小指や薬指の周辺にしびれを感じることがあります。これは肘部管(ちゅうぶかん)症候群と呼ばれる症状です。しびれが発展すると筋肉がやせ細り、小指、薬指が変形することもあります。

肘の内側には骨を靭帯で構成された「肘部管」というトンネルがあり、その中を尺骨神経が通っています。肘部管はとても狭く、圧迫や引き伸ばしといった動作に対して脆弱です。こうした動作により、尺骨神経の麻痺が起こり、小指、薬指へのしびれへとつながります。

基本的に治療薬を用い、安静にしながら症状の収束を待ちますが、それでも快方に向かわない場合は手術が必要となります。

肘内障

肘内障(ちゅうないしょう)は、子供が肘を痛がり、上肢を動かさなくなる障害です。発症した子供は親が手を引いても嫌がり、痛みから泣き出してしまうこともあります。

子供の手を不意に親が引っ張った際に、関節が外れかかった状態(亜脱臼)になることが原因と考えられています。

X検査によって状態を調べた後、医師の手によって整復を行います。通常、整復後の固定は行われません。

ドケルバン病(狭窄症腱鞘炎)

ドケルバン病(狭窄症腱鞘炎)は親指側の腱鞘に炎症が起こり、痛みや腫れが生じる障害です。親指を動かすたびに痛みを感じるほか、親指のスムーズな動きが困難になります。

主に親指の酷使が原因として起こります。手を使う仕事やスポーツを原因とした発症が目立っています。近年では、スマートフォンの長時間使用によりドケルバン病を発症する例も数多く報告されています。

湿布や装具を用い、安静にすることで症状の収束を待ちます。注射や保存療法でも痛みが治まらない場合は、手術となります。

へバーデン結節

へバーデン結節とは、手指の第一関節が赤く腫れる症状を指します。多くの場合、腫れや痛みを伴います。通常は、親指以外の指に現れる症状です。

発症の詳しい原因についてはわかっていません。40代以降の女性における発症が多いことから、女性ホルモンとの関係性が示唆されています。

さまざまな治療法が存在しますが、薬物療法、テーピング、レーザー理学療法が一般的です。症状が重篤な場合、手術が選択されます。

手根管症候群

手根管症候群は、手首にある手根管に通っている神経が圧迫されることにより、手指に痛みやしびれが生じる障害です。朝に痛みが強くなる傾向があります。放置しておくと、親指の付け根の筋肉がやせ、動作が困難になってしまいます。

詳しい原因については解明されていませんが、発症者の大半は女性です。妊娠中のむくみによる神経圧迫、過度な手の使用などが関係していると考えられています。

まずは、手の過度な使用をやめ、安静にすることから治療が始まります。鎮痛剤や装身具の装着も一般的です。その他、リハビリや注射、手術といった治療法が必要に応じて選ばれます。

ばね指

ばね指は、手指にある「屈筋腱」の炎症により、スムーズな指の曲げ伸ばしができなくなる障害です。指を曲げようとするときに段階的な「カクン」とした感覚があります。逆に伸ばそうとするときは、ばねが弾けるように勢いよく伸びてしまいます。指の関節、付けに腫れや痛みが生じ、症状が進行すると指が動かなくなってしまうことも少なくありません。

屈筋腱の炎症は、仕事や家事で指をよく使っている場合に起こりやすくなります。また、女性は出産、閉経といったタイミングでホルモンバランスが崩れ、ばね指の発症率が高くなるとも言われています。

固定具の装着、局所注射、手術といった治療が必要に応じて行われます。治療中は局所の安静状態を保つことが基本です。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘はものを掴み、持ち上げる際、またタオルを絞る際に肘部に痛みが生じる障害です。テニスをプレイする方における発症が目立っているため、その名が付けられています。「テニス肘」は通称であり「上腕骨外側上顆炎」が正式な呼称です。

原因については十分わかっていませんが、加齢とともに弱った肘の腱が、テニスをはじめとする運動によって傷んだために起こると考えられています。テニスのような激しい運動以外にも、筆圧が高い、包丁を使うときに力が入りすぎているなど、日常生活の癖が起因している場合もあります。

テニスプレイヤーはテニス肘を防ぐために、十分なマッサージやストレッチを行う必要があります。発症後は、湿布や外用薬を用いた治療が行われます。痛みが激しい場合や、長引く場合は、注射・手術が必要です。

ガングリオン

ガングリオンは、手首の周辺に現れる米粒ほどの大きさのしこりです。触ると弾力がありますが、しこり自体は良性のため痛みを生じることはありません。しかし、ガングリオンが神経のそばにできると、神経を圧迫することで痛みを感じる場合があります。

発症の原因には諸説ありますが、はっきりとはわかっていません。関節包・腱鞘のスムーズな稼動を助ける関節液がガングリオンの中にたまり、内部でゼリー状になることがわかっています。

ガングリオンは注射器による吸引で排除することができます。ガングリオンでできるしこりは良性のため積極的に手術は行なわれませんが、神経を圧迫して痛みが生じている場合は手術が行われるケースもあります。

手は日常生活の要!異常を感じたら早期治療を

上述したような手の障害は、激しい運動をしている人のみが発症するわけではありません。仕事や日常生活で手を使っている人にとっては、どれも身近と言える障害です。

手の動きが不自由になってしまえば、生活や仕事への悪影響は甚大です。少しの異常でも早めに気づき、整形外科での診察・治療を受けましょう。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・整形外科では、手の異常に関するご相談をお待ちしております。症状の深刻化を防ぐため、手に違和感を覚えたらなるべく早い段階でご来院ください。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top