腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰のご案内

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

整形外科が診察する腰の症状

腰に障害が現れると生活の上で大きな負担となってしまいます。早期治療のため、腰に現れる障害の症状や、原因について覚えておきましょう。墨田区両国の湘南メディカル記念病院・整形外科が、腰に関するさまざまな症状についてお伝えします。


腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、椎間板、靭帯などが圧迫される脊髄が通る脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されてしまう障害です。下半身の痛み、しびれといった症状のほか、まっすぐ歩くのが困難になる、排尿障害といったトラブルも引き起こします。

加齢、労働による椎間板への負担が主な原因です。また、背骨の病気によって引き起こされる例もあります。

コルセットでの固定、また投薬や注射が治療法として選ばれます。症状が重篤な場合は手術が必要となります。改善に効果があるとして、自転車での移動が奨励されています。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は24個の骨で構成されており、それぞれの骨の間にはクッションの役割を担う「椎間板」が存在します。椎間板の一部が突出し、神経を圧迫する障害が、椎間板ヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアは、腰・臀部の痛み、下半身のしびれなどを伴います。

背骨に負担がかかる状態での長時間の作業は、腰椎椎間板ヘルニアの原因となります。また、喫煙もヘルニアの可能性を高めます。

原則、安静状態を保ち、消炎鎮痛剤を服用しながら症状の軽減を待ちます。牽引を行い、背骨の状態を整えることもあります。症状の度合いによっては手術が必要です。

ぎっくり腰

何かの動作を起因として、腰が急激に痛くなる状態を総称して「ぎっくり腰」と呼びます。通常、腰の痛みは長時間続き、動けなくなってしまいます。

ぎっくり腰の原因は多岐にわたります。家事や仕事での慢性的な腰への負担は代表的な例です。また、骨盤の歪みも要因のひとつとして考えられています。

コルセットでの固定、鎮痛剤の服用、座薬、局所注射といった治療法が必要に応じて選ばれます。症状が深刻な場合は、手術が必要となります。

腰の異常を放置してはいけない

上述したような腰のトラブルが起きた際は、無理をせず速やかに整形外科を受診してください。放置されれば、その分治療が困難になってしまいます。

腰の異常に関する相談は、墨田区両国の湘南メディカル記念病院にお任せください。経験豊富なスタッフが患者様の腰の悩みに対応いたします。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top