整形外科についてのお悩みなら当院まで

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

整形外科

お一人おひとりに耳を傾けながら的確な診断をし、
ライフスタイルに合わせた医療提供、提案をさせて頂きます。
皆様のかかりつけ医、信頼できる医師を目指して
診療してまいります。

湘南メディカル記念病院の整形外科が選ばれる理由

当院では、医学博士・日本整形外科学会専門医が診療を担当します。関節専門医による専門治療や、認定スポーツ医(運動器リハビリテーション医・リウマチ医の資格のある医師)も在籍しておりますので、安心してご来院ください。

当院の整形外科の特徴

経験豊富なスタッフが在籍
当院には、骨、軟骨、筋、靭帯、神経といった運動器の構成要素の研究・治療に、20年以上従事してきた実績ある医師が在籍しております。さまざまな障害、年齢の患者様に対応可能です。
他の医療機関・大学病院への紹介体制
ご来院頂いた患者様に対して、丁寧な診断を行います。診断の結果必要だと判断されれば、東京都二次救急指定医療機関や都内大学病院のご紹介をさせていただきます。
身体障害者福祉法指定医師が在籍
身体障害者福祉法指定医師(肢体不自由)が在籍しております。手続きに必要な診断書のご相談は整形外科医師にお願いいたします。
予防医療を提供
骨粗鬆症を回避するための、予防医療を提供しております。特に骨粗鬆症となりやすい中年期以降の女性の方には、この予防医療をおすすめいたします

こんな症状でお悩みですか?

  • 首、肩のこり
  • 腕が上がりにくい
  • 洋服脱着時に肩の違和感、痛みがある
  • 電車のつり革を持つと肩が痛い
  • 荷物の上げ下ろしがつらい
  • 容器の開け閉めがつらい
  • タオルをしぼりづらい
  • 手や指の痛みによりパソコンが打ちにくい
  • 起床時に指のこわばりがある
  • 手にしびれがある
  • 指の関節が腫れてきた
  • 前かがみができない
  • 歩行時に痛みがでる(腰や足)
  • お尻から太ももにかけて違和感や痛みがある
  • 正座ができない
  • 階段や坂道の下りがきつい
  • 膝が腫れてきた
  • 歩行時に膝がカクンと抜ける
  • 足の指が痛い

このような運動器各部位の痛みや症状でお悩みの方は整形外科受診をおすすめいたします


整形外科の特徴

当院では運動器を構成する組織、骨・軟骨・筋・靭帯・神経の疾病や外傷についての病態診断や治療を20年以上の研究、手術、多様な症例に携わり診療実績ある医師が行います。
整形外科はお子様からご高齢者まで幅広い年齢層が対象となり多様で治療が必要となることが多い科です。

運動器部位の不調は日常生活に支障をきたすだけでなく、ストレスもたまっていきます。 少しでも快適な日常生活が送れますようお手伝いをさせていただきます。
また整形外科では的確な診断の上、迅速な対応を心掛け診断結果や状況に応じ東京都二次救急指定医療機関や都内大学病院の整形外科へのご紹介体制も整っています。

このような方は整形外科へ

  • 運動器部位の疼痛により仕事・家事・育児・スポーツ・勉強・趣味など集中できない、楽しめないとお悩みの方

  • マッサージや湿布を試したが改善されない

    何処へ行けばいいの?とお悩みの方
       ↓
    整形外科へ
       ↓
    各部位、疾患により必要に応じ検査
       ↓
    治療提案
       ↓
    原因を追究、治療を開始
    外用薬・内服薬の処方・トリガーポイント注射・関節内注射・ブロック注射・リハビリ・ストレッチなど

    当院では関節専門医による関節内注射、ブロック注射に加え主に肩、腰に痛みがある方へ※トリガーポイント注射も行なっております

    ※トリガーポイント注射とは
    同じ姿勢を長時間続けていることで肩や腰の筋肉が痙攣、硬直し血流も悪く酸素の供給不足となってしまいます。そして発痛物質(ブラジキニン)が出ます。
    押すと離れた場所に響く痛み(関連痛)が現れるのも特徴となります。そのポイント、発生源となる部位に薬剤を注入することで筋肉の緊張がほぐれ血流も良くなり疼痛が緩和されていきます。
    この注射は細い針で行いますのでご安心下さい。詳しくは整形外科まで

  • 出血を伴う怪我や切り傷は何科に受診すればいいの?

    整形外科で処置をします。
    当院では部位により傷跡を残したくない方の為に他科の医師に相談もできます。

  • 怪我をした、骨折かも?
    駅・職場・学校・家から近いので通院が便利!

    骨折は直ぐに検査、処置、定期的な受診、その後はリハビリが必要となり比較的長期に渡ることも予想されます。
    当院は土曜日も診療していますのでご都合に合わせ通院しやすい環境です。

  • 他院で行った術後の経過、通院したいけどいいの?とお悩みの方

    他院で手術された方も術後の経過観察やリハビリなど対応していますので遠慮なくご相談下さい。

  • リウマチは何処に受診して良いかわからない

    整形外科で診れますのでご相談下さい。

  • 身体障害者福祉法指定医師(肢体不自由)が在籍しております。手続きに必要な診断書のご相談は整形外科医師まで

  • 予防医療について

    軽視されがちな骨粗鬆症です。放置してしまうと骨折しやすくなり、寝たきりの原因となってしまいますが予防ができる病気のひとつです。
    中年期以降の女性の方には定期的に骨粗鬆症診断を受け早期予防、治療をおすすめします。


整形外科で行う診療内容

腫れがある、擦りむいた、出血した、手を切ってしまったなど怪我
 
傷の処置をします。
小さなお子様で転んでもいないのに急に不機嫌、腕の痛みがあり力が入らない様子、腕を動かさなくなってしまった。
 
肘内障(肘の亜脱臼)の可能性があります。
整復が必要となります。整復した後は痛みが改善し腕の動きもよくなります。
①転倒した、強くぶつけた
 
レントゲンで診断し固定など処置をし、リハビリを行います。転位がある場合は整復します。
場合により手術が必要となることがあります。

②指、肘、肩、膝蓋骨脱臼では転倒した際に痛みがあり動かせなくなった。
 
レントゲンで確認。骨折がなく脱臼であれば整復が必要です。
指や手首のつけねが動かすと痛い(指や手首を繰り返し使う作業をしていた)
 
腱鞘炎の可能性があり休めることが必要です。
外用剤の使用、症状が強い場合は炎症を改善する注射を行います。
テニス肘、野球肘、野球肩、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)膝蓋腱炎(ジャンパーニー)
膝半月板損傷、膝関節靭帯損傷、脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)アキレス腱炎、断裂
足関節捻挫、肉離れなど
 
オーバーユースが原因の場合が多いですので安静が必要です。 外用剤を使用しストレッチ、筋力強化等のリハビリを行います。
立ち上がりで膝の痛みがある、階段の昇降や坂道で痛みがでる、正座ができない。
 
上記の症状があれば膝の軟骨がすり減ってきている可能性があります。
リハビリで筋力をつけることが症状の改善となります。ヒアルロン酸等の注射も有効です。
膝以外の手関節痛、膝関節痛、肩関節痛、股関節痛、足関節痛など。
 
部位により診断名、治療法が異なる為、上記の痛みがあれば受診してください。
手の関節が腫れて痛い、指にこわばりがある、家族にリウマチの方がいる
 
リウマチの可能性があります。リウマチは関節が破壊されてしまう病気です。早期診断、早期治療をおすすめします。
レントゲン、採血検査で診断します。
手や足のしびれがある
 
整形外科では主に首や腰のところで神経を圧迫されて出るしびれの治療となりますがそれ以外の病気でもしびれが出る事があります。
ご自分での判断は難しいのでご心配な方はご相談ください。診断結果により他科をご紹介いたします
骨が弱くなると背骨がつぶれたり、丸くなったり背部痛の原因となります。
また、ちょっと転んだだけで手首や足の付け根の骨が折れて手術が必要となる場合があります。
現在、内服薬や注射薬などさまざまな薬の種類があり、一人ひとりの骨の状態を考慮し治療法を選択しております。 ご自身の骨の状態を知るためにも検査をお勧めいたします。
他院にて手術を行った患者さまで当院の外来経過やリハビリを希望される方は前医での診療情報提供書、及びレントゲンフィルムをお持ちの上ご来院ください。
リハビリに関しては理学療法士が行います。
身体障害福祉法第15条指定医です。身体に障害があり手帳の交付をご希望される方はご来院ください。障害が該当しない場合は手帳の交付が受けられないこともありますので予めご了承下さい。

治療の流れ

受付

 

外来受診

 

必要に応じ検査

 

疾病の説明

 

処置、治療開始

 

今後の治療方針説明、提案

 

リハビリなど

 

会計

当院の整形外科は土曜日も診療しておりますので平日通院が難しい方もご相談下さい。
診療日のご確認はお電話にてお問い合わせ下さい。



各部位の障害、ケガ

詳しくはこちら > 詳しくはこちら > 詳しくはこちら > 詳しくはこちら > 詳しくはこちら > 詳しくはこちら > 詳しくはこちら >

全身
疲労骨折、骨粗鬆症、肉離れ、捻挫、脱臼、スポーツ外傷・スポーツ障害
詳しくはこちら >
頚椎椎間板ヘルニア
詳しくはこちら >
四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)肩こり、肩腱板断裂
詳しくはこちら >
腰部脊柱管狭窄症、腰椎、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰
詳しくはこちら >
母指CM関節症、テニス肘、肘内障、ドケルバン病、(狭窄症腱鞘炎)、へバーデン結節、ばね指、手根管症候群、肘部管症候群、ガングリオン、肘部管症候群
詳しくはこちら >
変形性股関節症、単純性股関節炎
詳しくはこちら >
外反母趾 、オスグット病、変形性膝関節症、アキレス腱断裂、足の慢性障害、シンスプリント
詳しくはこちら >

専門医 村瀬鎭人医師のご紹介
整形外科
村瀬 鎭人 医師
(むらせ しずと/Shizuto Murase)

整形外科専門医 医学博士 ロコモアドバイスドクター

村瀬医師

これまで骨折、関節鏡、人工関節など様々な手術を行ってきました。20年以上の臨床経験をもとに皆様、 お一人おひとりに耳を傾けながら的確な診断をした後、ライフスタイルに合わせた医療提供、提案をさせて頂きます。
皆様のかかりつけ医、信頼できる医師を目指し診療してまいります。

当院では痛み除去、緩和を目的としたトリガーポイント注射も行っております。
デスクワークで辛い思いをされている方、痛みによりスポーツを中断されている方はご相談下さい。 その他、膝の 痛みにより日常動作に支障をきたしている方には関節注射や機能回復のためのリハビリも積極的に行っております。

外傷、脱臼、骨折、腱鞘炎、スポーツに伴う痛み、膝や肩の関節痛やしびれ、腰痛、骨粗鬆症、関節リウマチ、術後経過、 身体障害者福祉法指定医師(肢体)による診断書などお気軽にご相談、ご来院下さい。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top