がん統合医療|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

がん統合医療

こんな症状でお悩みですか?

  • がん末期で緩和医療を勧められた
  • 将来的にがんにならないよう予防したい

統合医療とは

社団法人日本統合医療学会によると、「統合医療とは、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学と相補(補完)・代替医療、更に経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討しています。」とされています。

国立補完統合衛生センター[米国]においては、「統合医療」を、「従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法」と定義しています。 患者様に合った様々な治療を統合することによって治療効果を最大限に発揮するものです。 カウンセリングの中でお客様に合った治療を提供いたします。

がん免疫療法とは

免疫療法の歴史は古く、1970年代から研究、実施されてきました。その時々でがん治療の表舞台に登場しますが、劇的な効果を示す患者様がいる一方で、なんの効果もなく期待に沿うだけの結果につながらないことも多いものでした。

そのような中で「末期がんが治る」などの謳い文句で安易な治療を行う機関が登場したこともあり、医師の多くは「科学的根拠(エビデンス)のない怪しげな治療」というレッテルが貼られることとなりました。

それでもがん免疫療法の研究は続けられ、これまで証明できなかった効果や作用が医学研究の進歩で明らかにされるようになり、近年さらに脚光を浴びることとなりました。

がんの予防・治療

このような病気・症状に適しています
・がん細胞死滅
・がん患者の痛み・倦怠感・食欲低下・不眠などの改善
・副作用のないがん治療

当院ではがん免疫治療を行っております。
そちらに合わせてがんの改善率をアップさせるために点滴療法を中心とした統合治療を行っています。がん患者様への治療としてや、がん予防を行いたい方に適しています。


標準医療の限界を補う「がん統合医療」

ビタミンC点滴療法

ビタミンCががんに効く

2005年アメリカ国立健康研究所、国立がん研究所、国立食品医薬品局の科学者らが「高濃度のビタミンCはがん細胞を殺す」 という論文をアメリカ科学アカデミー紀要に発表しました。 また、2006年には高濃度ビタミンC点滴療法で長期生存している3人のがん患者についてカナダ医学会雑誌で論文発表されました。 さらに2007年に「高濃度ビタミンC点滴療法ががん患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善しQOL(生活の質)を改善する」と韓国医師会雑誌に論文発表されています。 現在、アメリカではカンザス大学、ジェファーソン大学などで卵巣がん、悪性リンパ腫、膵臓がん、末期がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法の効果について研究開始または予定されています。


 日本の大学でも試験中の研究があります。 したがって悪性疾患およびがんに対する高濃度ビタミンC点滴療法は、まさに現在進行形で研究されている最先端治療ということになります。 当院でもビタミンC濃度を調整し、がんの予防そして治療を行っております。 高濃度ビタミンC点滴療法は「副作用のない天然の抗がん剤」とも言われ、アメリカにおいて15年間に3万件以上の高濃度ビタミンC点滴療法を実施した医療機関では、この治療による副作用で死亡に至った例はありません。実際にはほとんど副作用のない安全な治療と言えます。

治療の流れ

①診察・カウンセリングを行います。
過去の検査結果や画像診断結果があればご持参ください。

 

②ご病状に応じて、適切な治療をご提案致します。

 

③治療に応じた採血検査などを行います

 

④点滴治療を行います。
(所要時間は治療により変わります。)

 

⑤治療が終了したら、状態を確認しお帰りいただきます。

 

⑥定期的な受診をおすすめします。(次回治療日予約)

当院は入院対応可能となっております。
入院の可否については相談の上決められます。
(※自費診療にて治療および入院に関わる全額自己負担になります)
入院についてのご相談もお気軽にお問合せください


ドクター紹介

加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)
日本外科学会専門医 医学博士
20年にわたり消化器外科医として数多くがん治療に携わってまいりました。
そのような中で、標準治療と呼ばれる手術、化学療法(抗がん剤)、放射線療法では治療困難であったり、体力や免疫力の低下、副作用で苦しまれる方も同時に経験してきました。

そこで当院が行う自己の免疫力を高め治療を行う「免疫療法」と「免疫チェックポイント阻害剤」を組み合わせた最先端医療は、これまで治療をあきらめたり副作用に苦しんでいた患者様の大きな希望となると確信しております。
また、補完医療として統合医療を行っており、いつまでもイキイキとした人生をお送り頂けるよう身体に優しい医療を提供しております。 患者様には治療を選ぶ権利があります。ご自身、ご家族の人生ですので、後悔のない選択をしていただきたいです。
お一人、お一人患者様にあった“テーラーメイド”な治療をご提案いたします。
豊富な経験から適切な治療をご提案いたしますので、当科での治療よりも良いと思われる治療があるときは、そちらをお勧めすることがございます。 当科で治療することが目的ではなく、良い選択をしていただくことが私たちの願いです。是非ご相談ください。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top