痛風の症状|総合内科のご案内

» 代表番号
tel0120-979-0970120-979-0970120-979-375
» 健診・人間ドック
tel0120-352-3900120-352-390
完全予約制
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-2190120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制

皮膚科・整形外科は、今現在診療を行なっておりません。

ご予約
問い合わせ
MENU
お電話でのご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

痛風の症状

「風が吹いただけで痛い」という由来からわかる通り、痛風は強い痛みを伴う病気です。
その痛みは、まさに「激痛」と形容されています。

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・内科が痛風の詳しい症状や、警戒すべき合併症についてお話しします。

痛風の細かい症状

ご存知の通り、痛風の症状は強い痛みが中心です。しかし、厳密には痛みだけが痛風の症状というわけではありません。以下で痛風の症状を細かく分けてご紹介します。

  • 関節炎

    足の指、足首、膝といった関節に腫れを伴う炎症がおき、強い痛みが生じます。炎症は通常、数日で治まりますが、放置しておくと数か月後に再び発症することがあります。再発の周期はさまざまです。

  • 発熱

    痛風の原因となる尿酸結晶を体外に追いやるためには、白血球が活発化します。体温は高い方が白血球が活発に動きやすいため、風邪やインフルエンザの時のように発熱が生じます。

  • 関節の変形

    3~4回ほど痛風を再発すると、腫れにより患部の関節が変形してしまうことがあります。痛風は下半身に発症することが多いため、関節の変形によって歩行が困難になってしまうこともあります。

起こりうる合併症

痛風の再発を繰り返していると、様々な合併症を引き起こすことがあります。以下が痛風で引き起こされる合併症の代表的な例です。

  • 痛風結石

    尿酸が結晶化すると、腎臓に結石となって付着することがあります。その結果として、尿路結石や膀胱結石が出来てしまうことも珍しくありません。

  • 腎臓障害

    痛風による腎臓への結晶沈着は、腎機能の低下につながります。尿酸の調整能力を失った腎臓の機能がどんどん低下していき、最悪の場合は透析治療が必要となります。

  • 肥満

    肥満と痛風は密接に結びついています。肥満度が高いほど、体内にたまっている尿酸の量も多いことがわかっています。痛風の治療においては、肥満を招いている過食や、アルコール摂取過多の見直しが重要です。

痛みだけではなく合併症に要注意

初期の痛風は、放置していても痛みが自然と収束していきます。 そのため、軽視されてしまうことも少なくありません。

しかし、危険なのは痛みの再発と、その先に待ち構えている合併症です。

取り返しのつかない事態を回避するために、痛風と思われる症状が出たら早めに医療機関を受診しましょう。墨田区両国の湘南メディカル記念病院は、患者様からの痛風に関するご相談をお待ちしております。

 

湘南メディカル記念病院ホームページをご覧の皆様へ

湘南メディカル記念病院は、地域の皆様に寄り添い、ひとりひとりが輝ける人生をお送りいただけるよう職員一同一丸となり、真心をこめて医療を提供いたします。
そして、尚一層地域、社会に貢献できる病院を目指してまいります。
また、患者様としっかりとコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者様の立場に立った医療を提供させていただきます。

湘南メディカル記念病院ホームページをご覧の皆様へ

湘南メディカル記念病院は、地域の皆様に寄り添い、ひとりひとりが輝ける人生をお送りいただけるよう職員一同一丸となり、真心をこめて医療を提供いたします。
そして、尚一層地域、社会に貢献できる病院を目指してまいります。
また、患者様としっかりとコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者様の立場に立った医療を提供させていただきます。

お電話でのお問合せ

代表番号
0120-979-097

健診・人間ドック
0120-352-390

がん免疫療法
0120-279-219

Web予約はこちら

page top