ED治療・薬・相談|湘南メディカル記念病院

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

ED治療・薬・相談

身体的特徴による人の悩みは、
親しい人にも打ち明けるのをためらってしまいます。
特に、性器の悩みは相談しづらく、強いコンプレックスを
持つ方が多くいらっしゃいます。
そんな苦しく、深い悩みを、
専門家である医師にご相談下さい。

ED(勃起不全)でお悩みでは
ありませんか?

「ED(勃起不全・勃起障害)」とは、まったく勃起しない状態だけでなく、途中で中折れしてしまったり最高潮の硬さにならないなど、正常時と同様のSEXができないなども含んだ状態のことを指します。(勃起障害により男性が望む満足なSEX(性交)ができない状態全般がED)

割合

1998年の調査で、「ED」の日本人男性はおよそ1130万人にものぼります!
年代別にすると、年齢が上がるとともにEDの割合が増えています。

40代
5人に1人
50代
2.5人に1人
60代
1.7人に1人

症状

ED(勃起不全)の症状
  • まったく勃起できない
  • 勃起しても挿入すると小さくなってしまう(中折れ)
  • 勃起しても最高の硬さにならない
  • 挿入してそこそこ勃起を保てるのに
    射精はできずに萎える
  • 自慰(オナニー)では射精できても
    SEXの時は射精できない

など、“完全な状態で勃起し続け、射精までできる”以外はEDの可能性があると言えます。

原因、治療と対策

現在では「ED」の原因は大きく分けて3種類あると考えられています。

心因性ED
その名の通り、精神的なストレスが
原因で勃起不全に陥るのが
「心因性ED」です。

その名の通り、精神的なストレスが原因で勃起不全に陥るのが「心因性ED」。
▲今日の夜は絶対に最高のSEXをしなければ
▲そろそろ子作りを成功させなければ
▲仕事のプレッシャーがしんどすぎる
など、満足なSEXへのプレッシャーだけでなく、仕事や生活環境のストレスなども原因になります。
精神的ストレスの原因は人それぞれ違い、30歳代前後の若い男性でも「心因性ED」になる可能性があります。
少し前までほとんどのEDがこの心因性だと言われていました。

治療と対策

「心因性ED」のみが勃起不全の原因である場合は、その精神的ストレスやトラウマなどを取り除く必要があるためなかなか一筋縄ではいきません。
ご自身で原因がわかっている時は、人間関係も含めひとつひとつ解決していくことになります。
自分で向き合うことが難しく感じる場合は無理せず「心理カウンセラー」などに相談するのもひとつの方法です。

器質性ED
その名の通り、精神的なストレスが
原因で勃起不全に陥るのが
「心因性ED」です。

中高年になってくると、血管などの老化は避けられません。
そのため特定の病気ではない方でも、スムーズに海綿体に血液が送られずEDになるケースがあります。
動脈硬化と密接に関わるため「生活習慣病」の男性は要注意です。
また、性的な興奮を脳から各器官に伝える働きは神経が担っています。
パーキンソン病や前立腺がん、または事故などで直接的に神経がダメージを受けると勃起に支障をきたす場合があります。

治療と対策
★当院で治療可能!! ■ED治療薬 ■ED1000™

現在、「ED(勃起不全)」には『ED治療薬』を服用する治療法が最も一般的ですが、ED治療を根本的に治療したい方にはED1000™が効果的です。
特定の疾患・症状がなければ、改善できる可能性は十分あります。特に「器質性ED」の場合には血管拡張による効果は大いに期待でき、少なくとも効果があるかどうかによって“EDの原因を切り分け”して判断することができます。

薬剤性ED
“服用している薬の副作用”
によって引き起こされるのが
「薬剤性ED」です。

▲降圧剤(高血圧) ▲抗うつ剤 ▲睡眠剤 ▲抗精神病剤 ▲抗男性ホルモン剤など、いくつもの薬剤が勃起不全の原因になり得ます。
病気のために必要あって服用している上、副作用として「ED」になる可能性があることを医師から聞かされていない場合もあります。
まったく意識しないままEDになることもある「薬剤性ED」には注意が必要です。

治療と対策

医師の判断で問題なければ「ED治療薬」を試し、その効果を見極めます。
服用中の薬の影響が考えられる場合は、医師の判断のもと常用薬を違う副作用のものへ変更することも対策のひとつになります。
いずれも信頼できる医師の判断が必要です。

施術一覧

ED1000
施術名 説明

ED1000™
低出力の衝撃波を利用した、痛みのない勃起不全の治療機器です。ED治療を根本的に治療したい方に安心してお受けいただけます。

シアリス
従来のED治療薬、バイアグラ・レビトラなどに比べ長い効果継続時間があります。投与後36時間までの有効性が認められています。

【シアリスの効果・性能】
シアリスは従来のED治療薬、バイアグラ・レビトラなどに比べ長い効果継続時間があります。バイアグラ・レビトラの効果継続時間が4~6時間なのに対し、シアリスは投与後36時間までの有効性が認められています。
投与後36時間にわたり性的刺激にのみ勃起機能が改善する効果があるので、ED治療薬を服用するタイミングに気を使ったり、効果継続時間を気にせず自然体で治療を受けることができます。

また、体内に吸収後は食事の影響を受けにくいため、ストレスの少ない治療法となっております。
※空腹時に服用した方が吸収も早く、効果に即効性があります。


Please(プリーズ)
Please(プリーズ)は形状がシート状のため携帯するのに便利です。包装も外見からではED治療薬とは気づかれる心配が無いので人気があります。

【プリーズの効果・性能】
性行為前の約1時間前に推奨容量25~50mgを経口投与することによって効果を発揮します。
効果の持続時間はシアリスに比べ4~5時間と短めではありますが、シアリスより高い即効性と強い効果を持っております。

また、服用する際は個別包装から取り出した直後に舌の上に置き、溶かして水と一緒に服用するか、水無しで服用することができるため困った時にでも直ぐに使用することができます。

薬の処方については、採血検査が必要です。
検査代:2,160円(税込)

3ヶ月以内に健康診断等で以下の項目検査を実施されている方は、検査結果の用紙をご持参ください。(他の医療機関での検査結果も可)

【採血検査項目】
T-bil、AST、ALT、γGTP、Alb(アルブミン)、PT(プロトロンビン時間)、BUN、Cre、eGRF(腎機能)、末血一般

施術名

Please(プリーズ)
形状 錠剤 シート状
服用方法 水で服用 舌の上で
溶かすだけ
水なし服用可
服用時間 行為の1時間前
(空腹時は30分前)
行為の1時間前
(空腹時は30分前)
持続時間 最大36時間 4~5時間
特徴 ・勃起力がマイルドでじわじわと効く
・保険適応可で安全性が高い
・速攻性があり勃起力が高い
・ED薬とは絶対気づかれない包装
その他 ・勃起力がマイルドでじわじわと効く
・保険適応可で安全性が高い
・シート状なので場所を取らず、お財布やスマホケースなどにしまっておける。
(いざという時、「忘れた」などがない)

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top