大腸カメラ検査|消化器内科のご案内

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

大腸カメラ検査

湘南メディカル記念病院の消化器内科
では、胃カメラ・大腸カメラの実績
6,000件以上の消化器内視鏡学会専門
医による、当日行える苦しくない内視
鏡検査が行えます。

湘南メディカル記念病院の
大腸カメラ検査が選ばれる理由

  • 胃カメラ・大腸カメラの
    実績6,000件以上
  • 痛くない大腸カメラ
  • 当日できる大腸カメラ
    (日帰り内視鏡手術も対応)
  • 消化器内視鏡学会
    専門医が担当

消化器内科では、消化管および肝臓・胆道・膵臓の消化器疾患全般の診断および治療を行なっています。一般的に内視鏡検査は苦しいというイメージがありますが、湘南メディカル記念病院では胃カメラ・大腸カメラの実績6,000件以上の消化器内視鏡学会専門医が担当していますので、苦しくない胃カメラ・大腸カメラの検査が行えます。また、カメラ挿入は鼻から、口からをお選び頂けます。

専門医 春山晋医師のご紹介
内科消化器内科
春山 晋 医師
(はるやま しん/Shin Haruyama)

日本消化器内視鏡学会専門医 消化器内科部長

春山医師

消化器内科一筋でこれまで総合病院で従事し、消化器内科学会専門医、消化器内視鏡学会専門医を取得後、胃カメラや大腸カメラなどはあわせて6,000件以上施行してまいりました。

胃癌の原因の大部分はピロリ菌が関与していると言われておりますが、保険診療においてはピロリ菌のチェックにはまずは胃カメラが必要です。

また大腸がんはまずはポリープから始まり、徐々にポリープが育ってくると癌化してくると言われております。ですので、特に症状がなくとも大腸カメラは、早めに受けて、ポリープなど見つけたら早めに治療すると大腸癌のリスクが低下するといわれております。

「健診なんかしたことがなかった」「胃カメラや大腸カメラを
受けてみようと思うけど検査が怖くて...。」「流行りの経鼻内視鏡はどうなんだろう?」などお悩みになっている方はまずはご相談ください。

そのほか、体の症状でお困りの方もご相談お待ちしております。


こんな症状はありませんか?

  • 大腸がん検診でひっかかった
  • 血便がある
  • 慢性的な便秘や下痢でお悩みの方

当院の痛くない当日できる大腸カメラ検査の特徴

当院の大腸カメラは、麻酔を使用して苦しくなく検査できます。また炭酸ガスを使用することにより、検査後のおなかの張る苦痛もほとんどありません。
当院はほぼ毎日に内視鏡専門医が胃カメラ、大腸カメラを行っております。お仕事や都合に合わせて、当日検査や日帰り内視鏡手術も対応いたします。

  • 当日ポリープ除去手術が可能です

    診断から治療まで一貫して専門医による対応ができるため、検査の際に万が一、ポリープを発見した際には即日の切除手術を行うことも可能です。

    ポリープとは?
    ポリープとは粘膜の表面に盛り上がってできるもので、病名ではなく形態を示します。ポリープには良性のものと悪性のものがあり、大腸の場合は良性と言っても悪性化することのない過形成性ポリープと、見つかった時は良性でも、そのまま切除せずに放置することで数年後にがんに変わる可能性のある大腸腺腫があります。大腸腺腫ががんに変わるリスクや時期を予測することはできません。大腸カメラ検査での早期検診、がん化する前の段階でポリープを取り除くことが大切です。


どういう人が受けるべきか

  • 大腸がん検診(便潜血)が引っかかったけど、病院は待たされるし、予約も先になっておっくうだなと思っている方

    大腸がん検診の便潜血は偶発症がなく、簡便な検査ですが、実はそれほど精度は高くありません。陽性といわれた方で本当に大腸がんをお持ちの方は3割程度といわれており、逆に陰性と言われた方でも実は1割程度は大腸がんをお持ちの方がいらっしゃるとも言われております。特にきっかけがない方は大腸カメラを受けようとは思わないものです。
    一方大腸がんは日本人に多いがんですので、特に大腸カメラによる精密検査が必要ながんなんですね。大腸がん検診が陽性といわれた方は、これをきっかけに大腸カメラをうけましょう。

  • 大腸ポリープを以前指摘された方

    大腸がんはまずはポリープからはじまるといわれております。大腸カメラでポリープの段階で治療をしてしまえば、大腸がんの予防になるといわれています。逆にポリープをそのままにしておくと、大腸がんになってしまう可能性がありますね。大腸ポリープは切除し、数年検査が空いてしまっている方は特に大腸カメラをうけましょう。

  • 慢性的に便秘な方、または下痢の方

    大腸がん以外にも、潰瘍性大腸炎やクローン病といった大腸の病気が存在します。
    ほとんどの方の自覚症状ははじめ便通異常を訴えれ、大腸カメラを受けることにより病気の診断につながります。便通異常の方も一度は大腸カメラを受けましょう。


内視鏡(大腸カメラ)検査による症例

大腸ポリープ(NBI、狭帯光観察と大腸ポリープ切除)

大腸ポリープ(NBI、狭帯光拡大観察)

大腸ポリープ切除


大腸カメラ検査の留意点

  • 前日は夕食を20時までに済ませてください。

    検査当日は朝より絶食となりますが、お水、お茶、スポーツドリンクなどは飲んできていただいてかまいません。来院後は、1階にて受付していただき、そのまま2階の外来待合室でお待ちいただきます。準備ができましたら、内視鏡検査室に案内されます。
    検査時間は20分程度です。(ポリープ切除があるときは1つにつき5分から10分プラスで時間がかかります。)その後検査結果が出ましたら、外来診察室で結果説明となります(麻酔のお薬を使用された方は約1時間ほどお休みになっていただいてからの結果説明となります)


大腸カメラの検査の流れ

検査前日
夕食を20時までに軽めに済ませてください。その際にはきのこ、ひじき、とうもろこしなど消化の悪いものはなるべくお控えください。

 

検査当日
朝より絶食となりますが、お水、お茶、スポーツドリンクなどは飲んできていただいてかまいません。

 

受付
来院後1階にて受付していただきます

 

待合室
2階の外来待合室でお待ちいただきます。

 

診察
呼ばれましたら、外来診察室にて医師と同意書につきまして確認しサインいただきます。

 

前処置(下剤内服)
約2Lの腸管洗浄液(ニフレック)を2時間程度かけて飲んでいただきます。
内服していただきますと、徐々にお通じが出ますので5回、6回とトイレに行っていただき、通じが黄色の透明なものになりましたら前処置終了です。
(腸管洗浄液を飲み終わって2-3時間かかります)。

 

検査
内視鏡検査室に案内されます。検査着に着替えていただき、検査台に横になっていただきます。
次に腸の動きを弱める注射をさせていただきます。
麻酔を使用される方は、このときに血圧計とSpO2モニター(呼吸状態を確認するもの)を装着していただき、点滴しながら麻酔を使用していきます。
その後大腸カメラの検査が始まります。
検査時間は15分から30分程度ですが、大腸ポリープが見つかった場合には、ポリープを切除することがありますので、もう少しお時間いただくことがあります
(ポリープ1個切除するのにおおよそ5-10分かかります)。

 

検査終了後
外来診察室で写真を見ながら結果を説明させていただきます。
(麻酔のお薬を使用された方は約1時間ほどお休みになっていただいてからの結果説明となります)。

 

後日外来(約2週間後)
ポリープを切除された方は、検査終了後1週間ほど、飲酒や運動(ゴルフ、ジム、水泳)、温泉や遠方へのご移動(出張、旅行)など
を控えていただくようにお願いしておりますので御調整の上検査をお受け下さい。
ポリープを切除された場合は、細胞の精密検査(病理検査)に提出いたしますので、約2-3週間後の外来で結果を説明させていただきます。


  • 大腸カメラ検査は、大腸がんの早期発見に有効です

    近年、増加し続けている大腸がんですが、実は大腸がんは早期発見の治療で助かる望みが高いがんです。しかし、初期段階では自覚症状がないので、早期発見が難しいがんでもあります。そのために重要なのが大腸カメラによる検診です。定期的な検診による重大な病気の早期発見が人の寿命を大きく左右すると言っても過言ではありません。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top