苦しい胃カメラ・大腸カメラを楽にする麻酔方法|消化器内科のご案内

english official site

当院Instagram

ご予約・お問い合わせ

» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» 健診・人間ドック
tel0120-352-390
完全予約制
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制

皮膚科・整形外科は、今現在診療を行なっておりません。

ご予約
問い合わせ
MENU
お電話でのご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

苦しい胃カメラ・大腸カメラを
楽にする麻酔方法

胃カメラ・大腸カメラ検査に対し「苦しい」というイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

このイメージの代表的な原因としては、内視鏡がのど・鼻を通過する際の痛み、舌の根に異物感を覚えることによる嘔吐反射、のど・鼻がふさがってしまうことによる息苦しさなどが挙げられるでしょう。

通常、内視鏡検査を実施する医療機関ではこうした苦しさを緩和するために麻酔が実施されます。こちらでは、胃カメラ・大腸カメラ検査で実施される代表的な麻酔方法をご紹介します。


経口方式の麻酔

口から内視鏡を挿入する場合、内視鏡が通過するのどに苦痛が生じます。

また、嘔吐反射によって苦しくなってしまうことも少なくありません。こうしたストレスを軽減するために、のどに麻酔を実施します。

のどの麻酔はスプレータイプが一般的ですが、ほかにもゼリー状や液体タイプもあり、医師の判断に応じて使い分けられています。液体やスプレータイプの麻酔は口から含み、麻酔がきいてくるまでのどに溜め込んだ後に吐き出す、あるいは飲み込むといった方法で使用されます。

特にスプレータイプの麻酔薬は、のどに吹きかけるだけで麻酔が実施できる非常に手軽なタイプです。

経鼻方式の麻酔

鼻から内視鏡を挿入する場合は、鼻の内部に麻酔を実施する必要があります。経鼻の内視鏡では、内視鏡の挿入によって鼻内部の粘膜に出血が起きる可能性があります。

この出血を防止するため、経鼻内視鏡検査前の麻酔では、居所麻酔のほか血管収縮剤を使用が含まれたスプレーを使用するのが一般的です。

内視鏡が舌の根本に触れる経口内視鏡検査では嘔吐反射が強く現れますが、舌の根本を刺激しない経鼻内視鏡検査の場合、通常嘔吐反射は軽微です。

しかし、患者様によっては経鼻内視鏡検査でも嘔吐反射が強く現れるケースもあります。その場合は、静脈麻酔(鎮静剤)を併用します。

静脈麻酔(鎮静剤:セデーション)

近年になり、「セデーション」という医療行為を内視鏡検査の麻酔として実施する医療機関が増えています。「セデーション」は「鎮静」という意味の英単語です。医療においては、鎮静剤を使用して患者様の意識レベルを降下させる行為を意味します。

セデーションを実施すると、鎮静剤の働きにより中枢神経の機能が鈍化します。意識がかろうじて残っている「うとうとと眠りに落ちそうな状態」になるのが特徴です。傷みや嘔吐反射のほか、恐怖心や不安感といった精神的なストレスも軽減できます。

その効果からしばしば全身麻酔とも混同されるセデーションですが、両者には明確な違いがあります。全身麻酔では呼吸が完全になくなる一方、セデーションでは自発呼吸(自分で行う呼吸)が保たれます。そのため、全身麻酔で必要な呼吸の補助(人工呼吸器)はセデーションでは必要ありません。

また、入院が前提であり回復にも時間がかかる全身麻酔に対し、セデーションは入院不要で回復も早いことから、比較的手軽に実施できるのも特徴です。

セデーションは高い苦痛軽減効果から広く麻酔方法として活用されている一方で、いくつかのリスクも指摘されています。呼吸や血圧に悪影響が現れた例が報告されています。鎮静剤の使用に熟達した医師の立会と、万が一のケースに対する医療機関の対応力が求められる麻酔方法です。


  • HOME
  • 消化器内科
  • 苦しい胃カメラ・大腸カメラを楽にする麻酔方法

お電話でのお問合せ

代表番号
0120-979-097

健診・人間ドック
0120-352-390

がん免疫療法
0120-279-219

Web予約はこちら

page top