過敏性腸症候群|消化器内科のご案内

english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

過敏性腸症候群

墨田区両国の湘南メディカル記念病院・消化器内科では、消化器疾患のひとつである過敏性腸症候群の検査・治療を受け付けております。下痢や便秘など、気になる症状がある方は、ぜひお気軽にご来院ください。


過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、腸全体の機能異常のため腹部の不快感が現れる疾患です。多くの場合、腸の検査や血液検査を行っても、はっきりとした異常が見つかることはありません。

起因する要素として、食生活・生活習慣の悪化、ストレス等があります。その中でも、ストレスは最たる要因として考えられています。腸は「第2の脳」とも呼ばれるほど、メンタルの影響を受けやすい器官です。ストレス社会に生きる日本人にとっては、とりわけ身近な疾患といえるでしょう。

症状

過敏性腸症候群の症状は、以下の4つのタイプに分けて考えられています。

下痢型

突然の便意から、下痢に発展するのが下痢型の過敏性腸症候群です。外出先で下痢になった経験があるとその時の不安感が心理にやきついてしまい、同じ場所に行くたびに下痢が起こりやすくなります。電車に乗っている最中などがその例です。どちらかというと男性は下痢型を発症しやすい傾向があります。

便秘型

便秘型の過敏性腸症候群では、腸がけいれんすることで排便が少なくなってしまいます。せき止められた便は水分がなくなり、さらに排出されにくくなっていきます。女性は便秘型の過敏性腸症候群を発症しやすいようです。

交代型

下痢型、便秘型を交互に繰り返すのが、交代型の過敏性腸症候群です。

分類不能型

上述した以外の機能異常が現れる過敏性腸症候群は、分類不能型となります。

検査

過敏性腸症候群では炎症や潰瘍といった目に見えた病変が現れることはないので、内視鏡検査やバリウム造影検査といった一般的な消化器の検査を行っても異常が見つかることはありません。ただし何も病変が無いことを確認した上で診断を行いますので、検査を受けることが非常に重要となります。同時に患者様からの症状をしっかり確認しながら診断を進めていきます。

治療法

現れている症状をもとに、止瀉剤もしくは下剤、整腸剤といった治療薬を処方する対症療法を行います。ストレスの起因が考えられる場合、抗不安薬や抗うつ薬でストレスを緩和することもあります。

また、体質から改善するために、運動療法や食事療法も有効とされています。

命に関わることはないが……

過敏性腸症候群を発症しても、命に関わるわけではありません。しかし、下痢や便秘によって、患者様の生活の質(quality of life、QOL)を大きく低下させる疾患です。

上述したような過敏性腸症候群と「このまま付き合っていくしかないのかな?」と思っている方は、ぜひ一度、当院の消化器内科を受診してください。適切な治療薬の処方のほか、食事療法や運動療法などもご案内いたします。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top