咳(せき)とは|湘南メディカル記念病院

» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

内科:咳(せき)

咳(せき)とは

咳(咳嗽反射、がいそうはんしゃ)とは、外から入ってきたウィルスや異物、のどや気管の分泌物を体外に排出するための身体の防御反応で、 多くはウィルス感染やアレルギーの反応によるものです。

数日で治まるものもあれば数週間以上続く慢性の咳もありますが、2週間以上の長期に渡って続く場合は別の病気の可能性もあります。
また、市販薬で一時的に症状が治まっても、根本的な原因を治療しなければ再発したり、長期間放置してしまうと別の疾患を引き起こす場合もあります。


咳(せき)の原因とは

咳の主な原因は、ウィルス感染による急性上気道炎です。インフルエンザ、マイコプラズマ、百日咳菌、結核菌や、クラミジア肺炎や肺炎球菌などが原因となります。
咳が長引く場合は、気管支喘息や鼻炎に関連する副鼻腔気管支症候群などの可能性もあり、その原因は多岐に渡ります。

咳は、外耳道、上気道~下気道、横隔膜まで広く分布する咳受容体が刺激されることで引き起こされます。


咳(せき)の症状とは

咳は、咳が持続する期間で分類されています。3週間以内の咳を急性咳嗽、8週間以上続く咳を慢性咳嗽、その中間を遷延性咳嗽と呼びます。
遷延性や慢性の代表的な疾患となるのが、咳喘息、かぜ症候群後の咳嗽、アトピー咳嗽などです。

また、心因性のストレスなどからくる場合もあり、明確な原因を突き止めることが難しい症状でもあります。
咳喘息は喘息の前段階である為、放置すると喘息へと移行してしまいます。


咳(せき)の診断・検査とは

問診により患者様の状態を確認します。乾いた咳や、淡が絡む咳、咳が出る時間帯といった症状などから専門医が判断をしていきます。 長期間咳にお悩みの方には胸部レントゲンや肺機能検査を実施します。


当院の咳(せき)の治療法とは

一般的な風邪などによる咳の症状には咳止めを服用いただき、インフルエンザ感染が疑われた場合はタミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬を服用します。

また、マイコプラズマ感染や百日咳といった場合、マクロライドやニューキノロンといった薬剤にて治療を行い、結核の診断が出た場合は抗結核薬を使用します。
診断結果に応じて、最適の治療方法を専門医が判断いたしますので、問診の際はできる限り患者様の情報をお伝えください。


押さえておきたい咳(せき)のポイントとは

咳とは、市販の咳止め薬でも止まることはありますが、根本の原因解決には至りません。
また、咳を軽く見て自己判断をし、症状が重い病気の判明が遅れる場合も稀にございます。早い段階で、専門の医療機関で診断することをおすすめします。


サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top