当院でのがん免疫療法

当病院では、がん免疫療法に特化しております。特に樹状細胞ワクチン療法やαβT細胞療法と患者様に合わせたオーダーメイド治療を行っております。

アクセル+ブレーキ療法®

アクセル+ブレーキ療法®

従来の免疫療法は、NK・T細胞などを活性化させ、がんへの攻撃力のみを強化するもの(アクセル作用)でしかなく、単独でがんを消すことは難しかった。理由の一つとには、がん細胞自体がPD-L1という腕を作り、免疫細胞の活性を抑制することができたためです。
しかしながら、この抑制作用の元になるPD-1にふたをしてしまうニボルマブ(抗PD-1抗体、ブレーキ作用)が見つかり、これと活性化させたNK・T細胞を組み合わせること(アクセル+ブレーキ)により、NK・T細胞の威力を最大化することができます。これが『アクセル+ブレーキ療法®』です。
現在はこれにがん細胞がつくるCTLA-4という新たな腕に対し、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)を併用することで、より活性化がん免疫療法が可能になっています。

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法では、体外で人工的に培養した樹状細胞にがん抗原(敵の目印)を教えて強化したのちに、患者さんの体内に戻します。敵の顔を記憶した樹状細胞が、リンパ球などの攻撃隊に敵の情報を伝え、がんをやっつけるよう指令を出します。
その情報を受け取った攻撃隊は、それを基にがん細胞のみを狙い撃つため、副作用が少なく、より効果的に、がんを攻撃することが可能になると考えられています。

αβT細胞療法

αβT細胞療法

αβT細胞療法は、CAT(CD3-Activated T cells)療法とも呼ばれています。患者様の血液を採取し、そこからリンパ球を分離、T細胞の表面にあるCD3という目覚めのスイッチのような働きをする分子を刺激して、T細胞を活性化させ、リンパ球を増殖させた後、患者様の体内に戻すという方法です。現在行われている免疫細胞療法では、もっとも普及している方法です。