がん免疫療法~湘南メディカル記念病院~ – SBC湘南メディカル記念病院
がん免疫療法~湘南メディカル記念病院~|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月17日

がん免疫療法~湘南メディカル記念病院~

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

ブログへのご訪問有難うございます。

本日は各地で春めいた陽気で、「春一番」も吹いたところも多いようですね。一日一日と季節の変化が感じられるようになりました。

さて、本日は当院の「がん免疫療法」についてご紹介いたします。

「なにやら怪しい感じ・・・」そんなイメージをもたれている方もおられるのではないでしょうか?

免疫療法の歴史は意外と長く、1970年代から研究、実施されてきました。その時々でがん治療の表舞台に登場しますが、劇的な効果を示す患者様がいる一方で、なんの効果もなく期待に沿うだけの結果につながらないことも多いものでした。

そのような中で「末期がんが治る」などの謳い文句で安易な治療を行う機関が登場したこともあり、医療界でも「科学的根拠(エビデンス)のない怪しげな治療」というレッテルが貼られたこともありました。

しかし、がん免疫療法の研究は続けられ、医療や医薬の進歩と相俟って近年あらためて脚光を浴びるようになりました。

当院では、いち早く免疫療法に取り組み、これまで標準治療(手術、抗がん剤、放射線治療)では治る見込みがない、打つ手なしなど診断された方々の救いの光となってまいりました。

さらに新薬である「免疫チェックポイント阻害薬」を用いることで、より効果を実感できるようになっています。

□発見時に手遅れと言われた、□治療法がないと言われた、□末期がんで緩和医療を勧められた、□現在のがん治療が効いていない、□手術はしたが再発、転移が心配、

など、あきらめないで一度当院でご相談ください。ご相談は無料で承っております。

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top