閉じる
お電話での問い合わせ
記事作成日:2017年4月9日

ストレートネック

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

最近よく耳にする、ストレートネックについて

実はこれは病名ではなくレントゲンを見ると首の骨(頸椎)が直線状になっていることをストレートネックといっています

人の首(頸椎)は、重たい頭を支えるために、筋肉の負担を減らすために生理的前湾があります。これが人にとって1番負担の無い状態、正常な湾曲になります

この湾曲が直線状になると、無症状のかたもいますが身体への負担、筋肉への負担が掛かることから肩こり、手の痺れ、めまい、頭痛、胃の不調など様々な症状に悩まされることがあります

原因

頸椎椎間板ヘルニアや、姿勢によるものです

姿勢が悪く「猫背」の方や、逆に過度な姿勢を保つバレエやダンサーの方にもこのストレートネックが多くみられます

予防

PCやスマホ、デスクワークが多いかたは長時間同じ姿勢を続けず休憩をいれてストレッチを行いましょう

症状があるかたは対症療法をおこないながら根気よくストレッチや運動を行っていきましょう

バレエ、ダンサー、その他スポーツからストレートネックになった方は筋肉がある間は症状は出にくいのでスポーツを辞めた後に急激に筋肉や柔軟性が失われないように適度なトレーニングを継続していきましょう

 

首(頸椎)は大切な部分です

マッサージを受ける際は

まず整形外科に受診した後、医師との連携のものリハビリ、マッサージをお受けになられることをおすすめします

 

整形外科外来

月~木・土 9:00~18:00

東京 JR総武線 両国駅すぐ

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧