骨がスカスカ、骨がへちまのスポンジ状に・・骨粗鬆症?
閉じる

お電話でのお問い合わせ

ご予約
問い合わせ
MENU
お電話でのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年3月21日

骨がスカスカ、骨がへちまのスポンジ状に・・骨粗鬆症?

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

本日は骨粗しょう症について、よくある質問をご紹介します。

 骨粗しょう症はどんな病気ですか?

 自覚症状が殆ど無いまま、骨の量が減っていき、骨の強度も減っていきます。ちょっとしたことで骨折しやすく背が縮んだり、背中が丸くなったり将来、要介護や寝たきりの原因となってしまう軽視できない病気です

 

 骨粗しょう症は一度なると治らないのですか?

A 残念ながら、骨粗しょう症になると症状が落ち着くことはありますが、完治することはありません。症状が落ち着いても薬を中断したりせず、進行を防ぎ骨折をしないように、していくためにも早期検査を行い予防することが大切です。 今は治療薬も多種類あります。進行を防ぎ、骨量を増やし骨折のリスクを減らすことが可能です。定期的に検査を行い数値を見ながら薬の調整をしていきます。

 

 骨粗しょう症はどんな人がなりやすいですか?

 閉経後の女性ホルモンの低下、早期閉経、ご両親のどちらか骨粗しょう症による大腿骨の骨折、食生活の偏り、運動不足、ダイエット繰り返し、毎日の喫煙やアルコール摂取、糖尿病、ステロイドの長期服用、など該当項目があるかたは要注意です

 

 骨粗しょう症は高齢者の病気ですか?

 上記にも記載しましたが、高齢者だけではありません

 

 骨粗しょう症を予防するためにはどうしたら良いですか?

 女性ホルモン減少、内科疾患、上記該当のかたは40歳を過ぎたあたりから定期的に骨密度検査、血液検査を受け自分の骨の状態を確認しながら早期予防、早期治療することです。不足したホルモン補充、食生活の見直し、運動(ウォーキング、水泳、ストレッチ)など行うようにします。早期予防、早期発見に心がけましょう

 

 骨粗しょう症検査はどのようなものですか?

 痛いものではありません。両手のレントゲン検査、血液検査で測定できます

 

 骨粗しょう症は何科に行けば良いですか?

 整形外科になります

 

 薬は沢山飲みたくありません

 薬の種類もいくつかありますので、状態、状況に合わせたもので選択できます。

 

 ストレッチや体操、何をして良いのかわかりません

 医師、理学療法士がアドバイスができますのでお気軽にご相談下さい

 

 他の整形外科に通っていますが、骨粗しょう症だけ診てもらえますか?

 可能です。お気軽に来院下さい

 

診療時間

月~木・土9:00~18:00

東京  JR総武線 両国駅すぐ

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

湘南メディカル記念病院ホームページをご覧の皆様へ

湘南メディカル記念病院は、地域の皆様に寄り添い、ひとりひとりが輝ける人生をお送りいただけるよう職員一同一丸となり、真心をこめて医療を提供いたします。
そして、尚一層地域、社会に貢献できる病院を目指してまいります。
また、患者様としっかりとコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者様の立場に立った医療を提供させていただきます。

湘南メディカル記念病院ホームページをご覧の皆様へ

湘南メディカル記念病院は、地域の皆様に寄り添い、ひとりひとりが輝ける人生をお送りいただけるよう職員一同一丸となり、真心をこめて医療を提供いたします。
そして、尚一層地域、社会に貢献できる病院を目指してまいります。
また、患者様としっかりとコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者様の立場に立った医療を提供させていただきます。

お電話でのお問合せ

代表番号
0120-979-097

健診・人間ドック
0120-352-390

がん免疫療法
0120-279-219

Web予約はこちら

page top