閉じる
お電話での問い合わせ
記事作成日:2017年3月15日

ロコモティブシンドローム② 脚のトレーニング

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

本日はロコモ予防第二弾 脚のトレーニングについてです。

下肢筋力は歩く・立ち上がるなど日常生活では欠かせないものです。

下肢筋力の低下で歩行が困難になっていきます。

いつまでもご自分の足で歩き続けていくために

いかに筋力を低下させないようにするか。ということが大切です!!!

「継続」・・何でも「継続」することは難しいことですよね。

まずは意識するところから。

始めるところから。

少しでもできたら良し。

では皆さん頑張ってトレーニングを行っていきましょう

 

以下②までのトレーニングは慣れたら毎日行うことが理想です

①片脚立ちをしましょう。左右1分間ずつ、1日3回行いましょう!

 

 

②スクワットをしましょう。深呼吸するペースで5~6回繰り返します。1日3回行いましょう!

 

更にプラスできるなら③④以下2つのトレーニングも

③ヒールレイズ(ふくらはぎの筋力をつけましょう)10~20回を1日2~3セットしましょう!

 

 

④フロントランジ(下肢の柔軟性、バランス能力、筋力をつけます)5~10回を1日2~3セットしましょう!

ご自分ではご不安なかた、リハビリ通院で行っても良いとおもいます。

整形外科外来

月~木・土 9:00~18:00

総武線 JR両国駅すぐ

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧