2017/03/09

ブロック注射

加藤 貴志 理事長・院長

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

本日はブロック注射についてです。

痛み止めの効きにくい辛い腰痛にブロック注射が効果的な場合があります。

ブロック注射は痛みの原因となる神経や筋肉の血流が改善し痛みの悪循環を断ち切ることができます。

一時的に痛みを緩和するイメージがありますが、ブロック注射には痛みを早く取り除く効果と自然治癒力を高め、血流を良くすることから治療の選択肢として使用します。

脊髄を包んでいる外側の膜(硬膜)の外と靭帯の間の隙間に薬を注入する仙骨硬膜外ブロック・・うつ伏せになっていただき尾てい骨の近くから注射します。腰部硬膜外ブロック・・横向きに身体を丸めていただき腰に注射します。

その他として、仙腸関節ブロック・・うつ伏せになっていただき仙骨と腸骨の関節の隙間に注射します。神経根ブロック・・うつ伏せになっていただき神経の枝に直接注射します。

腰痛の治療には消炎鎮痛剤の外用薬、内服薬、座薬、トリガーポイント注射、コルセット、リハビリ等が挙げられますがブロック注射も治療の選択肢の1つです。ただし内科の病気から飲んでいる薬によってはブロック注射ができないこともありますし上記のような注射となりますので、臨床経験やブロック注射を数多くされている医師とよく相談して決めることをお勧めいたします。

 

月~木・土 9:00~18:00

東京 JR総武線 両国駅すぐ

カテゴリー別 記事一覧

著者一覧