ロコモティブシンドローム(ロコモ) – SBC湘南メディカル記念病院
ロコモティブシンドローム(ロコモ)|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年1月28日

ロコモティブシンドローム(ロコモ)

日本整形外科学会専門医であり、骨折、関節鏡、人工関節など様々な手術を行ってきた経験豊富な村瀬医師のブログです。

ロコモという言葉の認知度が低いため、ご存知ではない方が多いと思いますので、本日はロコモについてお話します。

ロコモティブシンドロームとは?

『運動器(身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経)の障害によって移動機能が低下した状態』

『運動器の障害によって要介護や寝たきりになるリスクの高い状態』

運動器に障害を起こし歩くことや立つことなどの機能が低下し、日常生活に支障をきたしてしまう状態になってしまうことをロコモ(運動器症候群)といいます

便利で食生活豊かな現代社会において国民病の1つともいわれるようになりました

高齢者だけでなく、若い世代の方達にも予備軍が増えてきているのです(しゃがめない、片足立ちができない)

そこで運動器、身体機能の低下により将来、要介護や寝たきりにならないように、健康寿命を延ばしていこうと2007年に日本整形外科学会が提唱し、ロコモ啓発を積極的に取り組んでいます

 

あなたは大丈夫

7項目のロコモチェック!

  • 片脚立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたり滑ったりする
  • 段差を上がるのに手すりが必要
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難
  • 掃除機の使用、布団の上げ下ろしが困難

 

7項目の一つでも該当すればロコモの可能性があります

何よりも自分で気付くことが重要です

上記項目が該当した方もこれからが大切ですので早期診断、早期治療を開始しましょう

該当しなかった方も、将来の為に今から意識し予防に心掛けましょう

治療が必要な人は早期治療をし、身体機能の向上、バランス能力の向上、体力アップに心掛け、日頃から意識したご自宅でも出来る体操や運動を継続していきましょう。またご自宅、ご自分で運動や体操を行うことが難しい方やご不安な方はリハビリ通院も良いと思います

ロコモは予防、早期診断、早期治療が重要です

ブログをお読み頂いた皆さまに、少しでも意識していただけたら嬉しいです

ロコモアドバイスドクターですので、具体的な治療、体操、運動法などお気軽にご相談ください。ご本人の状態に合わせたお話ができると思います

 

整形外科 月~木・土9:00~18:00 東京 JR両国駅 0分

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top