硬くなった筋肉を調整する方法 – SBC湘南メディカル記念病院
硬くなった筋肉を調整する方法|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月22日

硬くなった筋肉を調整する方法

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

今回は筋肉の特徴についてです。

もし仮に筋肉が硬くなってしまったらどうしますか?

自分では何をしようと思いますか?

ストレッチをしたり、マッサージをしたり、たたいたり、湿布を張ったり、温めたりと沢山の選択肢があると思います。

筋肉の特性を知った上で選んでいただけたらよいなと思ってます。

今まで何人もの患者さんを診てきてぼくなりの筋肉の解釈は、筋肉は行きたい方向に動かすと柔らかくなるということです。

筋肉には、それぞれ作用があります。肘を曲げる、腕を外に開くなどです。しかしそれは、筋肉が複合的に働いて起こっているのです。

なので一つの筋肉を対象に、ずっと行きたい方向に動かしてあげるとその筋肉が柔らかくなってくれるのです。

その筋肉が動かないのには理由があります。その理由も取り除ければ本来はよいのでしょうが、できない場合もあります。

そんな時にこの考え方があるととても楽に筋肉を柔らかくすることができます。

 

是非、一度試して頂きたいです。

次回は、筋肉の特徴をもう少し詳しく書きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top