股関節の変形について – SBC湘南メディカル記念病院
股関節の変形について|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月16日

股関節の変形について

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

今回は股関節についてです。

股関節がなぜ大切かというと身体で一番大きな関節だからです。

そんな身体で一番大きな関節が、どんな風に変形をしていくかをご存知でしょうか。そして変形するとなんで良くないかをご存知でしょうか。

そんなことを書きたいと思います。

「人は歳をとると、骨がつぶれる」というのが原則です。

股関節も例外ではありません。

股関節は骨盤と大腿骨という骨で関節が成り立っています。

股関節の場合は、大腿骨という骨が変形する方が多いようです。

大腿骨の中でも、骨のてっぺんを骨頭といいます。そして骨頭に近い部分を頚部といいます。股関節の変形では、この頚部が短くなっていくというケースが多いようです。

 

原因としては沢山あります。沢山あるので次回以降に記載します。

この変形が起こるとどんなことが起こるのか。

骨盤と大腿骨の隙間がなくなります。そしてクリアランスといわれるもが合わなくなってくるのです。

その結果として、足を今までのようにあげることができなくなったり、もしくは片足立ちなどをしたときにバランスがとりにくくなってしまったりするのです。

少しの変化なのですが、身体に及ぼす影響は沢山あるのですね。

次回はそんな股関節の変形がもたらす影響について書きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top