背骨を間接的に調整する方法 – SBC湘南メディカル記念病院
背骨を間接的に調整する方法|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月13日

背骨を間接的に調整する方法

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

前回から引き続き、背骨を間接的に調整する方法です。

調整する方法も沢山あります。骨を使うのか、筋肉を使うのか、皮膚を使うのか。ですがどれも考え方は同じです。

骨が変位してしまった方向と同じ方向に動かすということです。しかし、筋肉や皮膚での誘導をする場合には、基本的な筋肉の動きや皮膚の動き、方向などを知らなければなりません。

実は、皮膚というのも常に動いているのです。その動きがもっとも分かりやすいのは膝です。膝に手を置いて動きを感じてみるとずっと動いています。

その動きを背骨に活用します。行きたい方向と逆方向に誘導するとそれが反動となって、修正力が働くのです。

是非一度体験して欲しいと思ってます。

次回は、皮膚の動きと皮膚の運動学について書きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top