背骨を調整する方法 – SBC湘南メディカル記念病院
背骨を調整する方法|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月10日

背骨を調整する方法

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

前回に続き、背骨を調整する方法です。

大きく分けて、直接法というのと間接法というのがあります。直接法とは背骨が傾いている方向とは逆に動かして関節を直接元に戻してしまう方法です。

対して間接法とは背骨が傾いている方向と同じ方向に関節を動かし、人の自然修正力を使う方法です。

使い分けるのには、関節の特徴や、病状が必要です。

例えば直接法で施術する場合、早いですし関節に与える影響は大きいです。しかし、直接できない部位(仙骨など)や、変形や痛みがある場合などはなかなか難しいのが現状です。

対して間接法では、直接法よりも時間はかかりますが痛みがなく、多くの部位に使えることが多いです。

どちらも一丁一石あるのです。これを治療の業界ではそれぞれ学びます。直接法の例では、カイロプラクティックなどです。対して間接法の例ではオステオパシーなど。

どちらが優れているということはありません。患者さんの症状にあわせて手技や考え方を使い分けることができればよいのです。

次回は間接法のやり方についてお伝えしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top