調整する背骨の見分け方 – SBC湘南メディカル記念病院
調整する背骨の見分け方|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月9日

調整する背骨の見分け方

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

背骨の調整というとバキバキといイメージを持つ方が多いようです。

しかし、背骨も動かなくなっている場所、動きがある場所をしっかりと見分けることで全ての背骨を調整しなくても一部を動かすだけで連動していくのです。

その見分け方として痛みで見分ける方法があります。

まず、背骨が右左どっちによっているのか、右左どっちが高くなっているか、右左どちらにねじれているのかを見分ける必要があります。

仮に背骨の1つが左が高く、左によって、左にねじれているとします。それを全く逆方向に動かしてみます。動かしたときに痛みがあれば、そこが治療部位となります。

オレンジの部位が治療部位ですね。

そこを治療すると他の背骨は連動して調整されていきます。大切なのはその背骨の評価です。

次回は背骨を調整する方法についてお伝えしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top