骨盤のゆがみがもたらす影響 – SBC湘南メディカル記念病院
骨盤のゆがみがもたらす影響|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年2月1日

骨盤のゆがみがもたらす影響

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

骨盤は身体の中心にある部位でとても大切だと言われています。

なぜ大切なのか。沢山の理由がありますが、今回は分かりやすく筋肉で説明をしたいと思います。

骨盤には沢山の筋肉がついています。大きいのから、小さいのまで15個以上の筋肉がついていると思います。

筋肉は骨についていますので、骨盤(骨)がゆがむとそれに引っ張られたり、緩んだりして筋肉の長さが左右で均等ではなくなったりするのです。

骨盤には沢山の筋肉がついてますから、その筋肉が引っ張り合いを行い、全身の筋肉に影響を出すのです。

そんな筋肉の引っ張り合いを筋連鎖といいます。筋連鎖は足先や指先まで影響するのです。

だから治療としては足を治療して、腰をよくしたり。手を治療して肩をなおしたりという治療ができるのですね。

ですが大きな基、ベースや土台となるのは身体の中心にある骨盤です。

これを治療することで、全身の筋肉の状態が変わるのです。骨盤の治療だけであればほんの数分だけでもできますよ。

骨盤のゆがみが気になる、治療を受けてたいという方は一度相談してください。

次回は、骨盤がゆがんでいるかどうかを見分ける方法についてお伝えいたします。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
西新宿整形外科クリニック
お問い合わせ
page top