関節副運動 – SBC湘南メディカル記念病院
関節副運動|湘南メディカル記念病院
english official site
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
記事作成日:2017年1月27日

関節副運動

地域の行事などへ積極的に参加し人と人との交流を大切にしている奈須野理学療法士のブログです。

関節には、伸ばしたり曲げたり、閉じたり開いたり、まわったりという運動があります。

ですが細かく関節をみていくと、関節内で骨が転がったり、滑ったりしているのです。

この関節内での細かな動きを関節副運動といいます。

 

関節副運動には何が大切かというと、関節と関節の間の遊び、つまり隙間です。

なぜ隙間が大切なのかというと、後ほどのブログなどでご説明いたします。

 

関節副運動とは関節内での小さな動きなのですが、とっても大切なのです。

この部分を無視していくと、関節同士がぶつかったり、固まったりしてパフォーマンスが

だせなかったりもしてしまうのです。

 

ただ、ただ関節が固まったから伸ばすとかいう問題ではないのですね。

これは高齢者に限らずスポーツ選手や健常と思われる人にも起こってます。

この関節副運動を調整するだけでも身体に変化はでてきますよ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

カテゴリー別 記事一覧

記事一覧

サイトメニュー

お問い合わせ 診療時間案内 採用情報
お問い合わせ
page top