2018/01/26

インフルエンザ罹患者数 過去最高

加藤 貴志 理事長・院長

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

こんにちは。湘南メディカル記念病院院長 加藤です。

タイトルでも示しましたように、今シーズンはインフルエンザ患者数が283万人と過去最高だそうです。当院の外来でも毎日のようにインフルエンザの方が出ています。検査すればかなりの確率で出ています。

典型的には38℃を超える高熱があり、喉・鼻症状や関節痛、倦怠感(だるさ)、消化器症状(腹痛、嘔気、下痢など)を伴います。しかし、熱もなく大したことないのだけれど一応・・・と言って検査した方も陽性だったりと、症状だけではなかなか分からないこともあります。

ですから、インフルエンザであった方と接触した方は要注意と思います。また、全身症状が強い方も疑わしいので、是非医療機関で検査をおすすめします。

何はともあれ、まずは予防!手洗いやうがいをまめに行い、人込みはなるべく避け、疲れているときは早めの就寝を心掛けましょう。

カテゴリー別 記事一覧

著者一覧