2017/12/22

インフルエンザ予防接種状況および年末年始のご案内

加藤 貴志 理事長・院長

日本外科学会専門医。医学博士。内科、外科など多岐にわたる症例経験豊富。統合医療医として、疾病予防、がん予防および治療、アンチエイジングを専門とする。湘南メディカル記念病院の理事長・院長を兼任している加藤医師のブログです。

皆様、こんにちは。ブログ訪問有難うございます。

毎日、風邪やインフルエンザで外来が溢れております。皆様の体調はいかがですか?

やはり、手洗いとうがいをしてしっかりと予防をしましょう!そして、たまには早めに就寝して身体を休めるようにしてくださいね。

私は背中がゾクゾクして肩こりがひどくなってきたときは、風邪の前兆です(^^;そんな時私は、背中(肩甲骨の間)に貼るカイロを装着します。深部体温が上がり、免疫力アップにより?悪化せずにすみます。皆様もお試しあれ!

以前もお伝えしたように、今年はインフルエンザワクチンの生産が少なくなっています。そのため、多くのクリニックさんで供給不足となり「予防接種難民」が発生しています。

当院はそれなりに確保できており、ワクチンのない近隣のクリニックさんから当院へ誘導しているとのことです。とは言いましても、毎日ワクチン接種に殺到しておりますので、いつ無くなるかは分からない状況です。お電話していただけますと、接種可能かご案内しておりますのでどうぞご利用ください。

また、年末年始ですが、12月30日午後~1月3日まで休業となっております。大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー別 記事一覧

著者一覧