がん免疫療法|湘南メディカル記念病院

ドクター紹介ご予約・お問合せアクセス
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]がん免疫療法
tel0120-279-219
受付時間:9:00~18:00 完全予約制
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

がん免疫療法

免疫チェックポイント阻害剤(抗PD-1抗体と抗CTLA-4抗体)は新薬のため、投与後の副作用も確認されています。

湘南メディカル記念病院の
がん免疫療法が選ばれる理由

  • 20年の消化器外科の経験での
    がん治療の知識と経験
  • 自己の免疫力を高めて行う
    最先端医療
  • 両国駅徒歩0分で
    通いやすい
  • 当院グループに専用培養施設所持
    熟練の培養士が免疫細胞を培養

こんな症状でお悩みですか?

  • がん手術をしたけれど再発や転移が心配
  • 現在のがん治療が効いていない
  • がんの治療法がないと言われた
  • がん末期で緩和医療を勧められた

初めに

日本人の死因別統計で「悪性新生物」が第一位となり30年を経過しています。医療は日進月歩に進歩し、「悪性新生物」に対する治療として3大治療とよばれる手術、化学療法(抗がん剤)、放射線療法が確立されており、標準治療となっています。

しかし年次推移でみますと、上図が示すとおり死亡率は下がるどころか増加の一途をたどっていることがわかります。高齢化が急速に進み、そのため悪性新生物(がん)の罹患数が増えていることが一因と考えられますが、これだけ医療や医薬の高度化している現在を鑑みれば死亡率は下がっていてもおかしくないのではないか、そう私は考えました。

言い方を換えれば、3大治療とよばれる標準治療では限界があると思われます。そしてこの標準治療が効かない患者様は、「末期」と呼ばれ「緩和医療」の道が示されるのが現状です。 ご本人に治療に向かう意志と体力があるのならば、その状況は「絶望」であります。

私たちは「がん難民」ともいうべき「治療意欲のある」患者様の「復活」と「希望」にお応えするために、第4の治療「がん免疫療法」を行っております。

がん免疫療法とは

免疫療法の歴史は古く、1970年代から研究、実施されてきました。その時々でがん治療の表舞台に登場しますが、劇的な効果を示す患者様がいる一方で、なんの効果もなく期待に沿うだけの結果につながらないことも多いものでした。

そのような中で「末期がんが治る」などの謳い文句で安易な治療を行う機関が登場したこともあり、医師の多くは「科学的根拠(エビデンス)のない怪しげな治療」というレッテルが貼られることとなりました。

それでもがん免疫療法の研究は続けられ、これまで証明できなかった効果や作用が医学研究の進歩で明らかにされるようになり、近年さらに脚光を浴びることとなりました。

がん免疫療法の実績

当院の免疫療法「アクセル+ブレーキ理論」とは

従来のがん免疫療法とは各種免疫細胞の活性化だけを目的とした治療(車でいうとアクセル)を中心に行っておりました。 当院では、免疫細胞の活性化だけではなく、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤のニボルマブ(抗PD-1抗体)、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)を併用し、がん細胞を直接抑える(車でいうとブレーキ)ことで、より効率よくがん細胞を死滅させることができる画期的ながん治療法を実施しております。

アクセル+ブレーキ療法®の詳細は
当院提携病院の湘南メディカルクリニックサイトまで

免疫チェックポイント阻害剤とは

ニボルマブ(抗PD-1抗体)は2014年7月に承認認可された薬剤で、患者様ご自身の免疫によりがん細胞を攻撃する機能を高めるとされています。 このニボルマブは抗PD-1抗体と呼ばれ、抗PD-1抗体のPDとはプログラム・デスのことを示します。

がん細胞はこのPDシステムを用いて、高い抗がん効果を発揮するNK・T細胞(ナチュラルキラーT細胞)を殺そうとしますが、ニボルマブ(抗PD-1抗体)はこのPDシステムを阻害して、 がん細胞がNK・T細胞を攻撃できないようにします。結果的に、NK・T細胞の活性が高まるため、がん細胞が死滅していきます。

なお、免疫チェックポイント阻害剤には、もう一つイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)があり、当院ではこれら2つの免疫チェックポイント阻害剤を併用し、より効率的にがん細胞を攻撃することもできます。

※事前採血検査 8,000円(税込)
間質性肺炎、甲状腺機能低下、肝機能障害、貧血、腎機能、糖尿病などの採血検査項目です。軽微でも副作用が見られた場合は、医師の判断でニボルマブ(抗PD-1抗体)、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)投与を見合わせることがあります。

ニボルマブ(抗PD-1抗体)の詳細は
当院提携病院の湘南メディカルクリニックサイトまで
イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の詳細は
当院提携病院の湘南メディカルクリニックサイトまで

がん免疫療法を受けられた方のCT画像

治療前に撮影されたCT
  治療開始後に撮影されたCT

その他の実績についての詳細は
当院提携病院の湘南メディカルクリニックサイトまで

治療の流れ

①診察・カウンセリングを行います。
過去の検査結果や画像診断結果があればご持参ください。

 

②ご病状に応じて、適切な治療をご提案致します。

 

③治療に応じた採血検査などを行います

 

④点滴治療を行います。
(所要時間は治療により変わります。)

 

⑤治療が終了したら、状態を確認しお帰りいただきます。

 

⑥定期的な受診をおすすめします。(次回治療日予約)

当院は入院対応可能となっております。
入院の可否については相談の上決められます。
(※自費診療にて治療および入院に関わる全額自己負担になります)
入院についてのご相談もお気軽にお問合せください


ドクター紹介

加藤 貴志 理事長・院長 (かとう たかし/Takashi Kato)
日本外科学会専門医 医学博士
20年にわたり消化器外科医として数多くがん治療に携わってまいりました。
そのような中で、標準治療と呼ばれる手術、化学療法(抗がん剤)、放射線療法では治療困難であったり、体力や免疫力の低下、副作用で苦しまれる方も同時に経験してきました。

そこで当院が行う自己の免疫力を高め治療を行う「免疫療法」と「免疫チェックポイント阻害剤」を組み合わせた最先端医療は、これまで治療をあきらめたり副作用に苦しんでいた患者様の大きな希望となると確信しております。
また、補完医療として統合医療を行っており、いつまでもイキイキとした人生をお送り頂けるよう身体に優しい医療を提供しております。 患者様には治療を選ぶ権利があります。ご自身、ご家族の人生ですので、後悔のない選択をしていただきたいです。
お一人、お一人患者様にあった“テーラーメイド”な治療をご提案いたします。
豊富な経験から適切な治療をご提案いたしますので、当科での治療よりも良いと思われる治療があるときは、そちらをお勧めすることがございます。 当科で治療することが目的ではなく、良い選択をしていただくことが私たちの願いです。是非ご相談ください。


がん免疫療法は事前のご予約にて診察をさせていただいております。
当院にてがん免疫療法の診察をご希望の方は、下記にあります専用電話番号か、ご予約フォームからお申込みくださいませ。

がん免疫療法 0120-279-219 class=

費用について

サイトメニュー

お問い合わせ アクセス 採用情報
お問い合わせ
page top