消化器専門ドック(胃カメラ・大腸カメラ)|湘南メディカル記念病院

ドクター紹介ご予約・お問合せアクセス
» 代表番号
tel0120-979-097 0120-979-375
» [特別外来]美容外科
tel0120-979-654
受付時間:10:00~23:00
ご予約・問い合わせ
メニュー
お電話でのご予約・お問い合わせ
WEBからのご予約・お問い合わせ
診療科目・治療について診療科目・治療について

消化器専門ドック(胃カメラ・大腸カメラ)

胃がんや大腸がんは、早期発見すれば手術によって治る確率が高いがんです。 湘南メディカル記念病院では、消化器内科専門医が胃がん、大腸がんの早期発見を目的とした『胃カメラ・大腸カメラ』を行っております。

胃カメラや大腸カメラでの組織検査について

胃カメラや大腸カメラでの組織検査の料金は、ドックの料金に含まれておりません。組織検査をした場合は、医療保険を適応の上、別途追加料金を請求させて頂くことがございます。
また、組織検査の結果説明は2週間後以降の外来にて行いますので、ご都合の調整をお願いいたします。

大腸ポリープ切除を希望される場合

ドックでは、ポリープ切除は基本行いません。もしドックでポリープがみつかった場合、後日ポリープ切除を予定いたします。
なお内視鏡検査当日にポリープ切除を希望される方は、医療保険を適応の上別途追加料金を請求させていただくことがございます。
また、切除したポリープの細胞の精密検査結果説明は2週間後以降の外来にて行いますので、ご都合の調整をお願いいたします。


20代からの初心者向けコース
便潜血検査
腹部超音波検査
腫瘍マーカー(SCC+CEA+CA19-9+AFP)
16,000(税込)

20代からの初心者向けコースは、胃カメラや大腸カメラは行わず、腹部エコーと腫瘍マーカー採血、便潜血のみ行うコースです。検査は午前中に終了します。胃カメラや大腸カメラは苦手だけど、検査はしてみたい方にお勧めです。

消化器スタンダードコース
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ
便潜血検査
腹部超音波検査
腫瘍マーカー(SCC+CEA+CA19-9+AFP)
35,000(税込)

胃カメラ、腹部エコー、腫瘍マーカー、便潜血のコースです。
消化器内科全般を満遍なく検査します。また検査は午前中に終了します。半日だけなら仕事の都合がつけられるかた、大腸カメラはちょっと考えていなかったけど、大腸がんの検査もしたい方にオススメです。

上下部内視鏡検査コース
胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)
大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)
39,000(税込)

文字通り胃カメラと大腸カメラのみのコースです。大腸カメラがありますので、朝にご来院いただき、下剤をおのみになっていただき、午後に検査を行っていただきます。
バリウムが苦手で苦しくない鼻からの胃カメラ(内視鏡)を受けたい方、検診は受けているけど、最近胃カメラや大腸カメラはやっていない方にお勧めです。

消化器プレミアムコース
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ
腹部超音波検査
腫瘍マーカー(SCC+CEA+CA19-9+AFP)
54,000(税込)

消化器プレミアムコース

胃カメラと大腸カメラに加え、腹部エコーと消化器がん一般(食道がん、胃がん、大腸がん、すい臓がん、胆道がん、肝がんなど)で反応する腫瘍マーカーのセットです。

大腸カメラがありますので、朝に来院いただき、午後に検査をするおおむね1日がかりのコースとなります。

胃カメラと大腸カメラをやったことがない、とか仕事が1日休めるので久しぶりに全部検査してみたい方にお勧めです。胃がんや大腸がんは日本人のがんの頻度で1位と2位ですので、一度しっかり調べられることをお勧めします。

また、膵臓がんなどは早期に症状が出現せず、症状が出たときにはすでに末期がんになっていることが多い、悪性度の高いがんですので、定期的な検査が必要と言われております。
腹部エコーはからだに負担が少なく、定期的な検査としてはぴったりです。

マイクロアレイ血液検査
胃がん・大腸がん・膵臓がん・胆管がん
スクリーニング採血
84,000(税込)

マイクロアレイ血液検査

胃がん、大腸がん、胆道がんや膵がんが体にあると9割ぐらいの感度で反応する血液検査のコースです。

一般的に行っているがんの血液検査は腫瘍マーカー検査と言われておりますが、こちらはがん細胞が出すたんぱく質を測定しているものです。ですので、がん組織がある程度育ってこないと正確な判定ができないため、早期発見には向かないものでした。

マイクロアレイ検査は、体にがん細胞があると免疫細胞が反応するので、その信号を採血検査で確認するものです。ですので、早期がんでも反応すると言われており、がん治療の基本と言われる早期発見、早期治療につなげることができる血液検査と言われております。

メリットとしては約5mlの採血をするのみですので、当日すぐに終わることと、前日からの制限があまりないことなどがあります。
また、早期発見が難しいと言われている胆道がんや膵臓がんもチェックできるのでお勧めです。

デメリットとしては、がんがあれば反応しますが、慢性胃炎やピロリ菌などの胃がんのリスクと言われているような病状では反応しないため、がんの予防という観点からは貢献できないことです。

つまり、今回大丈夫でも、次はあと何年大丈夫でしょうか?といった質問にはお答えしにくい検査です。ですので定期的に1年に1回は受けることをお勧めしております。

オプション
ピロリ菌検査
(ヘリコバクターピロリIgG抗体)
2,600(税込)
腹部CT検査
16,800(税込)
胃カメラ
(上部消化管内視鏡検査)
18,800(税込)
大腸カメラ
(下部消化管内視鏡検査)
21,000(税込)
胃カメラ・大腸カメラのお申し込みはこちら

0120-979-097 0120-979-375

サイトメニュー

お問い合わせ アクセス 採用情報
お問い合わせ
page top